「彼女の作り方」知ってる?女性を落とす恋愛心理テクニックを解説!

彼女の作り方をお調べですね。

彼女を作りたいなら、確実にステップを踏むことが重要!

今回は、彼女を作る6つのステップと心理学に基づいた女性を落とすテクニックをご紹介します。

女性は段階を踏みたがるため、ステップを飛ばすと彼女ができません。

ぜひこの記事を参考にして、素敵な彼女を作ってくださいね。

1.3ヶ月本気で取り組もう!彼女を作る6ステップ

3ヶ月本気で取り組もう!彼女を作る6ステップ

彼女を作るなら、次の6ステップを踏んでいきましょう。

  1. 女性と出会おう
  2. 女性と話そう
  3. 連絡先を交換しよう
  4. デートに誘おう
  5. デートに行こう
  6. 女性に告白しよう

すでに意中の女性がいるなら、ステップ1は飛ばしてください。

それでは、ステップを1つずつ説明します。

ステップ1.女性と出会おう

ステップ1.女性と出会おう

まずは、女性と出会わなければなりません。

女性のいない環境にいる人や周囲に気になる女性のいない人は、女性と出会える場所に行く必要があります。

女性と出会える場所は、次のような場所やツールを使って探しましょう。

・合コン・街コン

・出会い系アプリ

これらの場合、目的が「交際」のため女性からも話しかけてくれます。

比較的、彼女を作りやすい出会いの場です。

次のような場所は、目的が「交際」ではありませんが共通の趣味で繋がれるため、話しやすい女性と出会いやすいでしょう。

・趣味のサークル

・ジム・フィットネス

・コンサート・ライブ

ただし、このような場所だと女性から話しかけてくることは「まずない」ため、自分から話しかける勇気がないと難しいかもしれません。

初めから彼女を作ろうとせず、まずは女性と話してコミュニケーションできるようになることを目指してください。

また、1回きりではなく同じ場所に何度も通うと顔見知りになる確率が上がり、女性と話しやすい雰囲気になります。

出会いの場での女性への声のかけ方

初対面の女性には、挨拶から始めましょう。

初対面だと、女性に声をかけにくいはずです。

趣味のサークルなど、話さなくても良い場所だと特に難しいと思います。

そのため女性と話す前に、まずは挨拶から始めましょう。

いきなり話しかけても怖がられるだけです。

「おはようございます」「こんにちは」と会釈できるくらいの仲になり、顔を覚えてもらうと女性の警戒心も緩みます。

何度か挨拶をしてから、「いつも頑張っていますね」「どんなことをしているんですか」など少しずつ会話できるようにしましょう。

ステップ2.女性と話そう

ステップ2.女性と話そう

女性と出会ったら、話して仲良くなりましょう。

女性と上手に話すには、ポイントがあります。

・褒める

・質問する

・話を聞く

このようなポイントを心がけましょう。

まず、女性を褒めることは基本です。

外見ではなく、内面を褒めてください。

女性「昨日は友だちとランチして、気づいたら2時間も喋ってたんだよね。」

男性「そうなんだ。○○ちゃんって人の話聞いてくれるし、友だちも話しやすいんだろうね。」

このように自然と褒めると、女性の好感度が上がります。

褒め方については、本記事の「3.簡単な口説き方!心理テクニックを使って女性を褒めよう」でも説明しているため、参考にしてください。

次に、女性の話を聞いたら質問しましょう。

女性「昨日は友だちとランチ行ったよ。」

男性「いいね!何食べたの?」

このように相槌を打つだけでなく、4W1H(「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どうやって」)を使って女性の話を掘り下げます。

そして、女性の話は聞き役に回りましょう。

3:1くらいで女性の話を聞き、自分の話をします。

女性「ランチにパスタ食べて、その後は○○で買い物したよ。おやつに友だちが行きたいって言ってた××行ってきたんだ。すごい人多くて、けっこう並んだよ。」

男性「大変だったね。俺も××行ったことあるよ。そのときは△△食べたけど、何食べたの?」

自分の話をするときは、簡潔に話してください。

なぜ女性の話を聞くだけではダメかというと、自分の情報を提供しなければ相手はあなたのことを知れず不安になるからです。

そのため、女性の話を聞きつつ、少しだけ自分の情報を与えましょう。

相槌の打ち方

女性との会話では、共感することも大切です。

生返事ばかりだと、「本当に聞いているのかな」と女性は不機嫌になります。

以下のような相槌をローテーションで使いましょう。

・オウム返し

・「楽しかったね」「大変だったね」など感情を表す相槌

・「さすがだね」「すごいね」など褒める相槌

このような相槌を適切に打つと、女性は気分よく話し続けます。

相槌を上手に使って、女性のことをより理解しましょう。

会話に困ったときの話題

会話をしていると、話題に困ることがあるかもしれません。

話題に困ったら、次の7つの話題を使ってみましょう。

話題 注意点
食べ物 「好きな食べ物は何?」といった単純な質問ではなく、「昨日の夜は何食べた?じゃあ今日は○○食べに行かない?」と食べ物の話でも工夫しましょう。
好きな場所 好きな場所も話しやすい話題です。
「好きな場所に一緒に行こうよ」とデートにも誘いやすくなります。
地元や出身地 地元や出身地の話題は盛り上がります。
地方出身の女性なら、その地域特有の習慣や話で楽しめるでしょう。
趣味 「趣味は何?」と聞くより、「この前の休日は何したの?」などさりげなく趣味や好きなこと、最近はまっていることを聞き出しましょう。
仕事 「何の仕事してるの?」「どんなバイトしてるの?」ではなく、「最近仕事でつらいことあった?」と女性の愚痴を聞くような聞き方が良いでしょう。
その方が女性も仕事について話しやすいです。
将来 将来やもしもの話は、女性の理想や考え方を知ることができる話題です。
「将来どんなことがしたい」「もし宝くじに当たったら」など気軽に話しましょう。
恋愛 恋愛の話は初対面でなく、仲良くなってからしましょう。
好きなタイプや過去の恋愛など、女性の恋愛観を知れます。

話題を提供したら、女性が話しやすいよう適切な相槌と質問を行います。

ただし、政治、宗教、家庭の話はデリケートな部分になるため、最初のうちは避けましょう。

また、悪口や下ネタはあなたの品性を下げるので、女性の前で話してはいけません。

ステップ3.連絡先を交換しよう

ステップ3.連絡先を交換しよう

話をして打ち解けたら、連絡先を交換しましょう。

でも「連絡先の交換の仕方が分からない」という人もいるでしょう。

ここでは、次の2つについて解説します。

  1. 女性が教えたくなる連絡先を聞くタイミング
  2. やり取りの続け方

参考にして、女性の連絡先をゲットしましょう。

プライベートで連絡できるようになったら、格段に仲良くなれますよ!

女性が教えたくなる連絡先を聞くタイミング

連絡先は、「共通の話題で話に詰まったとき」か「デートに誘ったとき」がベストです。

共通の話題で話に詰まったときは、「もっとこのことについて話したいから、連絡先教えて」と言いましょう。

共通の話題については、楽しい話題であることが必須です。

楽しい話題ならば、女性も「もっと話したい」と思うので連絡先を教えてもらいやすくなります。

一方、食事やイベントに誘ったときも連絡先を好感しやすいタイミングです。

「外でも連絡できるよう連絡先教えて」と言うと、女性も納得して教えてくれます。

連絡先は、ただ単に聞いても教えてもらえません。

理由付けをして、女性が「それなら」と教えたくなる状況を作りましょう。

やり取りの続け方

連絡先を交換したものの、やり取りが続かない人もいるはずです。

女性から返信をもらいやすいメッセージをしなければ、やり取りが途切れるでしょう。

女性が返信しやすい質問とは、女性の話題を広げる質問を最後にすることです。

女性「旅行に行ったんだ。」

男性「旅行に行ったんだ。いいね。どこ行ったの?」

このように女性の発言に対し、繰り返し→共感→話を掘り下げる質問をします。

質問は、4W1H(「いつ」「どこで」「だれと」「なにを」「どうやって」)を使ってください。

メッセージの最後を質問で終えると、女性は「返信しなきゃ」という気持ちになり返信してくれます。

ステップ4.デートに誘おう

ステップ4.デートに誘おう

女性と話して打ち解けたら、デートに誘ってみましょう。

もちろんステップ3の連絡先を交換する前に、デートに誘ってもかまいません。

デートを誘うときについて、次の2つを解説します。

  1. おすすめのデート場所
  2. デートを断られたときの対処法

順番に確認しましょう。

おすすめのデート場所

デート場所は、「共同で体験ができる場所」をオススメします。

なぜなら、一緒に体験ができる場所だと話が弾むからです。

たとえば、スポーツ、アスレチック、もの作りなど体験型のデートはたくさんあります。

一緒に同じ体験や作業をすると一気に距離が縮まることは、心理学でも明らかになっているのです。

また、お互いの考え方を知って相性を確認することデートの目的となります。

考え方を知るには、会話しなければなりません。

映画館や美術館も良いですが、デートとして行くと話しづらい場所になるでしょう。

しかし、体験型デートなら自然と話せるのです。

もし映画館や美術館に行ったなら、その後カフェで映画や美術について話し合う時間を取ってくださいね。

デートを断られたときの対処法

デートに誘っても、断られる場合があります。

デートに断られたら、落ち込んだり次の予定を決めたりする前に、女性を褒めましょう。

たとえば、次のように断られたとします。

女性「ごめんね。明日のデート、久々に会う友だちと遊ぶことになっちゃって」

このような場合、怒るのは当然の感情です。

しかし、ここで「○○ちゃんは友だちを大切にするんだね。めっちゃ良いと思う。久々なんだし楽しんできてね」と褒めます。

すると、女性は罪悪感に苛まれて、「迷惑かけているのに褒められて、本当に申し訳ないな。早く次のデートできる日決めよう」となり、次の予定を決めやすくなるのです。

さらに褒められていることで、「なんて良い人なの」と好印象を与えられます。

デートを断られた理由が分からなければ、「大丈夫?」と女性を気遣いましょう。

すると、褒めたときと同様の効果を得られます。

ステップ5.デートに行こう

ステップ5.デートに行こう

いよいよデートに行きましょう。

デートをするときに心がけたいことは、「女性に気を遣うこと」です。

デートでは、会話の他に行動で女性を気遣います。

・車道側を歩く

・ドアを開ける・押さえる

・重い荷物を持つ

このような行動を、さりげなく行うと「大切にされている」と女性の好感度が上がります。

ただし、次のような行動はやりすぎです。

・買い物袋だけでなく女性の手荷物を持つ
⇒財布や携帯などが入っているので、持たれると女性が困ります。

・回り込んででもドアを開ける
⇒ドアを開けることに必死だと、「無理しないでほしい」と女性は呆れてしまいます。

・椅子を引く
⇒タイミングが合わないと、女性も恥ずかしい思いをします。

レディーファーストは、さりげなく行うものです。

女性に気を遣いすぎると、女性も気疲れするため両方にとってマイナスになります。

あくまで、デートを楽しみつつ女性を気遣いましょう。

男女の違いへの理解

男女の考え方や感じ方の違いを知って、デートを成功させましょう。

たとえば、男女の違いに次のようなことがあります。

内容 男性 女性 備考
恋愛 好きになるのが早い 徐々に好きになる 男性は女性を外見や印象で好きになる傾向がありますが、女性は相手を知っていくうちに、愛情を深めていくのです。
そのため、出会って早々告白することはやめましょう。
目標 夢を語る 現実的に受け止める 男性は将来のことについて夢を語りがちです。
一方、女性は現実的な面があるため壮大な夢を共有することは難しいかもしれません。
会話 解決策を考える 共感してほしい 男性の場合、相手から話を聞くと解決策を考えてアドバイスするでしょう。
しかし、女性は共感をしてほしい生き物です。
アドバイスをすると、鬱陶しがられる可能性があります。
悩んだときの気持ち 1人にしてほしい 話を聞いてほしい 悩むと男性は1人の時間を欲しいと思う人が多いです。
しかし、女性は悩んでいることを聞いてほしがっています。
女性の場合、話すことで悩みを自身の中で消化します。
そのため、アドバイスは無用です。

このように、男女の考え方・感じ方に様々な違いがあります。

全て理解しなくても、女性には価値観を押し付けず寄り添う姿勢が大切です。

デートのお金

おごると女性に罪悪感を持たせられるため、次のデートに繋げやすいです。

しかし、男性と女性の収入差がない場合は、男性の負担になってしまいます。

そのためデートにかかるお金を、男性が全て持つことはありません。

ただし、1円単位で割り勘にすると次のデートをしてくれない可能性が高いです。

たとえば、支払いが6,542円だった場合、きっちり割った3,271円ではなく、271円くらいの端数は男性が支払いましょう。

「○○ちゃんは、3,000円いいよ」と言うと、あなたの好感度が上がります。

また、同年代とのデートは割り勘でも、年齢やステータスが異なるなら少し多めに出す方が良いです。

たとえば、年下の女性、自分は働いていて女性は学生など、収入差が明らかにある場合は割り勘だとケチな人と思われるかもしれません。

ケチな人と思われないためにも、デート代は若干多めに払うようにしましょう。

ステップ6.女性に告白しよう

ステップ6.女性に告白しよう

デートでお互いの相性を確かめたら、告白をしましょう。

告白は、対面で行うと1番成功率が高いです。

ここでは、次の2つについて説明します。

  1. 失敗しない告白のタイミングと場所
  2. 成功率を上げる告白のセリフ

告白の成功率を上げて、素敵な彼女を捕まえてください。

失敗しない告白のタイミング

告白するベストタイミングは、デート3回目~4回目です。

デート回数と女性の気持ちを見ていきましょう。

デート回数 女性の気持ち 補足
1回目 「どんな人だろう」
「楽しいかな」
お互いにお試しのデートです。
女性を楽しませて、たくさん話をしましょう。2~3時間くらいの短いデートがおすすめです。
2回目 「どんな人だろう」
「楽しいかな」
女性にとっては、お試しのデートです。
ただし、1回目より好感度は上がっているので、1回目より楽しませる努力をしましょう。
半日かかるくらいのデートがおすすめです。
3回目~4回目 「ちょっといいかも」 ようやく女性は、あなたに少し好意を抱きます。
告白をするなら、このタイミングがベストです。
5回目以降 「私に興味ないのか」
「決断遅いな」
慎重で奥手な男性は、告白せずだらだらとデートを重ねるかもしれません。
しかし男性の好意が分かっている鋭い女性なら、「決断力がない男」と思われます。

このように、告白するなら3回目~4回目です。

告白のタイミングを逃さず、女性の気持ちが高まっている内に告白しましょう。

成功しやすい告白の場所

告白に適した場所は、「薄暗くて2人きりの場所」です。

たとえば、次のような場所があります。

・車の中

・夜景が見える場所

・男性の部屋

明るくても、2人きりなら景色のきれいな場所もおすすめです。

一方、次のような場所での告白はやめましょう。

・人前

・トイレ周辺

・うるさい居酒屋

特にうるさい居酒屋は、お酒の力に頼ってしまっている感じがするためNGです。

しかし、個室で薄暗い落ち着いた居酒屋なら、雰囲気もあり良いでしょう。

成功率を上げる告白のセリフ

告白のセリフは、「好き+理由+付き合ってください」という構成にしましょう。

「好き」と「付き合って」という言葉のない遠回しな告白は、NGです。

以下のような告白は、良い結果を生みません。

女性が戸惑うセリフ 女性の気持ち 補足
「好きな人(彼氏)いる?」 「いたら何なの?」 事実確認をしただけで、男性の気持ちがくみ取れません。
「君が必要なんだ」 「何に?」 一見ロマンチックなセリフですが、言葉が足りません。
謎かけのような言葉も同様です。
「いつも癒される」 「嬉しいけど」 褒められて嫌な気はしませんが、女性は褒められただけかと思うでしょう。
「もっと一緒にいたい」 「何時まで?」 男性にとって告白のセリフでも、女性には伝わりません。
たとえデートの後であっても、女性は言葉通り受け取ります。
「気になるんだ」
「また会いたいな」
「そうなんだ」
「いつ?」
このようなセリフも、女性は素直に受け止めます。
そのため、真意を伝えることはできません。

女性は言葉通り受け取るため、「もっと一緒にいたい」という告白だと「何時まで?」と現実的に考えます。

そのため、好きという事実+好きな理由+付き合ってほしいという要望をきちんと伝えなければなりません。

たとえば、「君が好きなんだ。子どもにも優しいところとか仕事を頑張っているところとか、すごく尊敬している。よかったら、付き合ってほしい」というようなセリフが良いです。

理由をつけることで、「自分の事をちゃんと見てくれている」と感じて女性は嬉しくなります。

理由については、外見でなく女性の内面や行動を褒める形で考えましょう。

2.友だちから彼氏にランクアップするための方法

友だちから彼氏にランクアップするための方法

気になる人はいても、いつも友だち止まりという人もいるでしょう。

だから、女友だちはいるのに彼女の作り方が分からないという状態になります。

友だちから彼氏にランクアップするために、次の2つの方法を覚えましょう。

  1. 下ネタを言わない
  2. 特別感を伝える

順番に詳しく説明します。

方法1.下ネタを言わない

方法1.下ネタを言わない

女性の前で、下ネタを言ってはいけません。

下ネタを言った途端、女性のあなたへの評価が下がり、男性として見られなくなります。

女性と1対1の場合、下ネタを言う人は少ないでしょう。

気を付けるべきは、複数人でいるときです。

女性を含めた男友だちといる場合、ノリで下ネタを言ってしまったり、下ネタを振られたりする可能性があります。

下ネタを振られたら、別の話題に切り替えましょう。

方法2.特別感を伝える

方法2.特別感を伝える

本命の女性との会話には、「君だけ」を入れてみましょう。

女性は特別感を求めるものです。

自分だけの特別を与えると、女性はあなたのことが気になります。

たとえば、「君だけに教えるけど」「みんなに内緒だけど」というような、秘密を共有することも効果的です。

彼女を作りたいなら、「君は特別」ということを言動で示しましょう。

3.簡単な口説き方!心理テクニックを使って女性を褒めよう

簡単な口説き方!心理テクニックを使って女性を褒めよう

彼女を作るには、女性とコミュニケーションを取らなければなりません。

特に、女性を褒めることは重要です。

心理学には「好意の返報性」という、好意を伝えれば好意を返してくれる原理があります。

褒めることで、相手にも好意を持ってもらえるのです。

女性を上手に褒めるため、良い褒め方と悪い褒め方を確認しましょう。

  1. 女性の内面を知って褒めよう
  2. ダメな褒め方を覚えておこう

褒め方を覚えて、実践してみましょう。

テクニック1.女性の内面を知って褒めよう

女性の内面を知って褒めよう

女性を褒めるときは、内面を褒めましょう。

なぜなら、外見を褒められるより内面を褒める方が男女問わず良い印象を与えられるからです。

では、どのように内面を褒めれば良いか2つのステップで説明します。

  1. 女性の話に関心を持って質問する
  2. 女性の回答に共感する

2つのステップを順に見ていきましょう。

ステップ1.女性の話に関心を持って質問する

女性を褒めるためには、まず女性の話をしっかり聞かなければなりません。

なぜなら、内面を褒めるということは、相手の考え方を褒めることだからです。

そのため、まずは女性の話をしっかり聞く必要があります。

しっかり聞くというのは、女性の話に関心を持つことです。

女性の話に関心を持てば、自然と質問が出てくるでしょう。

もし質問に困れば、女性の話題について「なぜそう思ったのか」を聞いてください。

ステップ2.女性の回答に共感する

女性の回答には、共感しましょう。

たとえば、女性が「○○だったよ」と回答すれば「いいね」「大変だったでしょ」など女性に共感します。

ただし、単純に共感するだけでなく、理由を添えてください。

「その考え方は効率的だし、皆にとっても良いよね」というような感じで、褒めましょう。

理由をつけることでちゃんと話を聞いていることを伝えられ、女性の好感度が上がります。

テクニック2.ダメな褒め方を覚えておこう

ダメな褒め方を覚えておこう

続いて、女性に対してしてはいけない褒め方を説明します。

ダメな褒め方は、次の2つです。

  1. 外見だけを褒める
  2. ストレートな言葉だけで褒める

せっかく褒めても、褒め方次第で逆効果になる可能性があります。

それぞれ順番に確認しましょう。

ダメな褒め方1.外見だけを褒める

女性を褒めるときは、外見だけを褒めないようにしましょう。

外見を全く褒めてはいけないというわけではありません。

しかし、外見を褒められても多くの女性はお世辞と受け取ります。

特に美人で「かわいい」と言われ慣れている女性は、外見を褒められても何とも感じないのです。

そのため、女性に好意を抱いてもらいたいなら内面を褒めましょう。

ダメな褒め方2.ストレートな言葉だけで褒める

内面を褒めるときも、「すごいね」「いいね」とストレートに褒めてはいけません。

先にも言ったように、理由をつけて褒めましょう。

心理学の研究で、女性は男性の「知性」に惹かれる傾向があります。

理由をつけることで女性は男性に知性を見出し、好意を抱きやすいのです。

そのため、簡単な言葉だけでなく様々な言葉で褒めましょう。

4.彼女が欲しいなら実践すべき4つのポイント

彼女が欲しいなら実践すべき4つのポイント

本気で彼女が欲しいなら、押さえておくべきポイントが4つあります。

  1. 清潔感を大切にする
  2. 相手の印象と反対のことを言う
  3. 打ち込めることを見つける
  4. 常に感謝を伝える

実践しやすいことばかりなので、すぐにでも実践して彼女を作りましょう!

ポイント1.清潔感を大切にする

ポイント1.清潔感を大切にする

女性にモテたいなら、清潔感を出しましょう。

服装の大切ですが、注目すべきは肌です。

心理学の研究で、女性が初めに男性を見る箇所は「顔」という結果が出ています。

顔がイケメンというよりは、清潔感を感じられるかが重要だということも分かっているのです。

顔の清潔感とは、肌質がきれいかどうかになります。

そのため、清潔感を出したいならスキンケアをしましょう。

男性は、スキンケアに疎い人もいるはずです。

基本的にスキンケアは、「洗顔」「化粧水」「乳液」を使います。

ドラッグストアに行けば、男性用スキンケア用品が売っているのですぐ手に入るでしょう。

スキンケアをしていない人は、今日からスキンケアしてくださいね。

ポイント2.相手の印象と反対のことを言う

ポイント2.相手の印象と反対のことを言う

相手の印象と反対のことを言うと、女性の好感度が上がります。

これは、アンビバレンスという心理を利用したテクニックで、女性の承認欲求を満たす効果があるのです。

アンビバレンスとは、「好きだけど嫌い」といった相反する感情を持っている心理状態のことを言います。

たとえば、あまり喋らない人に「いつも静かだよね。でも、仲良くなったら喋る方じゃない?」と言うことで、「この人は本当の私を分かってくれている」と思わせる効果があるのです。

たとえ当たっていなくても、「本当の私を見ようとしてくれている」と女性も嫌な気になりません。

ただし、注意点が2つあります。

  1. ネガティブなことは言わない
  2. 断言しない

注意点についても解説します。

注意点1.ネガティブなことは言わない

いくら相手の印象と反対のことを言っても、それがネガティブなことだと良い効果を得られません。

たとえば、「いつも元気で明るいよね。でも、家では暗いんじゃない?」とネガティブ面を指摘するような言い方はダメです。

本当のことであっても、女性の機嫌を損なってしまいます。

なるべくポジティブであるか、意外なことを言いましょう。

注意点2.断言しない

相手の印象と反対のことを言うとき、断言してはいけません。

たとえば、「いつも元気で明るいよね。でも、本当は暗いよね」と相手を決めつけるような言い方は絶対にやめましょう。

必ず「~なんじゃない?」と疑問形を使います。

なぜなら、当たっていなくても「いつも明るいから、気を遣っているのかなと思ったんだ」と言い逃れできるからです。

疑問形なら断言されるより、確実に良い印象を与えられますよ。

ポイント3.打ち込めることを見つける

ポイント3.打ち込めることを見つける

彼女を作りたいなら、打ち込めることを見つけましょう。

何かに打ち込んでいる人に心惹かれることを、心理学では「アンダードッグ効果」といいます。

アンダードッグ効果とは、負け犬効果とも呼ばれ、頑張っているのに報われない人を応援したくなることです。

弱い一面を見せることで好意を持ってもらうテクニックとして、女性に有名な恋愛テクニックでもあります。

しかし、弱い一面を見せるだけがアンダードッグ効果を発揮できる手段ではありません。

男性の場合は弱い一面を見せるより、一生懸命何かに打ち込む姿を女性に見せましょう。

応援したくなる心理を動かせるかは、一生懸命さが伝わるがどうかです。

そのため、何かに打ち込んでいるとアンダードッグ効果を期待できます。

ポイント4.常に感謝を伝える

ポイント4.常に感謝を伝える

感謝を伝えることは、人間関係を良好にしてくれます。

ハーバード大学の心理学研究で感謝について、次のような研究結果があります。

感謝を伝える習慣を持っている人は、そうでない人に比べて協力的で情け深く、寛大で人を許すことができるという研究結果があります。

ハーバードの心理学研究でわかった、我が子に「感謝の習慣」を作る方法|lifehacker

感謝をすることで寛大になり、結果的に人間関係のストレスが軽減され、仲間意識が芽生えるのです。

そのため、感謝を伝えていると女性から好意を抱かれやすく、恋愛関係に発展しやすくなります。

女性だけでなく周囲の人に感謝を伝えていると、自然とあなたに心惹かれる女性が現れるでしょう。

まとめ

彼女を作りたいなら、女性と段階を踏むことが大切です。

女性の会話をよく聞いて褒めることで、女性の好感度が上がり告白の成功率を上げられます。

また、次のようなことを心がけると女性と交際しやすいです。

・清潔感を大切にする

・相手の印象と反対のことを言う

・打ち込めることを見つける

・常に感謝を伝える

ご紹介した方法は、実践に移しやすいことばかりです。

ぜひ実践して、素敵な彼女を作ってくださいね!