出会いのきっかけが多い7つの場所|心理学的に成功させるコツも紹介

「女性との出会いのきっかけが欲しい⋯⋯」と、お悩みの男性は多いです。

恋愛や結婚をしたくても、そもそも出会いがなければ何も始まりません。

実は、女性との出会いのきっかけは身近なところにたくさんあるので知らないと損です。

今回は、そんな女性との出会いのきっかけを作る方法を、心理学もまじえながら分かりやすく解説していきます。

出会いのきっかけを作って、理想の女性と出会えるようにしていきましょう。

1.出会いのきっかけを作るコツ3選を心理学的に解説!

出会いのきっかけを作るコツは3つあります。

以下の出会いのきっかけを作るコツ3つを把握して、女性との出会いを増やしていくのが良いです。

  1. わずかな繋がりも大切にする
  2. 女性への理想を高く設定しない
  3. 日常的に幅広く人間関係を築いておく

それでは、出会いのきっかけを作るコツ3つを順番に確認していきましょう。

1-1.わずかな繋がりも大切にする

出会いのきっかけを作るコツはわずかな繋がりも大切にすることです。

わずかな繋がりは周りを見渡してみれば意外とあります。

わずかな繋がりの例は次のような5つです。

  • 学生の頃の友人
  • 地元の友人
  • 職場の同期の繋がり
  • 会社の上司、部下の繋がり
  • スポーツなどのコミュニティ

このように、既に構築された人間関係にも出会いのきっかけがあります。

出会いにおいて、わずかな繋がりの重要性は研究でも証明されてます。

研究の内容は、転職したばかりの専門職・技術職・管理職に就いている人たちが、仕事についての情報を誰から得ているかを調査したもの。

結果、家族や親友などの「強い繋がり」よりも、友人や近所、趣味のコミュニティなどの「わずかな繋がり」から情報を得た人がほぼ倍近く多いことが分かっています。

これは恋愛でも同じことが言えるのです。

過去の人間関係であまり連絡をとってない人こそ、「わずかな繋がり」があります。

今までの人間関係を振り返ってみて、女性とわずかでも繋がりがないか確認してみましょう。

1-2.女性への理想を高く設定しない

出会いのきっかけを作るコツは、女性への理想を高く設定しないことです。

女性への理想を高くしすぎると、誰もが羨む美人や高嶺の花と呼ばれる女性を狙うことになり、ライバルが多く苦労してしまうことになります。

実際に、研究でも女性への理想を高くしすぎると恋は実りにくいということが証明されているのです。

研究では、「現在付き合っている恋人が理想の相手かどうか?」という質問に、98%が「そうではない」と回答してます。

つまり、理想の相手を高く設定するのではなく、好きになった相手に合わせて自分の理想を変えることが重要なのです。

1-3.日常的に幅広く人間関係を築いておく

出会いのきっかけを作るコツは、日常的に幅広く人間関係を築いておくことです。

普段から幅広く人間関係を築いておくことで、わずかな繋がりができ、自然な出会いへ発展しやすくなります。

幅広い人間関係を築き人脈があるということはそれだけ出会いの確率も高まるはず。

会社以外の人と名刺交換することや、積極的に新たな人と関わる場に行くことで新たな出会いのきっかけが生まれる可能性があるのです。

些細なことでも常に、幅広く人間関係を築いておきましょう。

2.出会いのきっかけが多い場所7つを押さえよう!

「出会いのきっかけが多い場所に行きたい」と、思われる方もいるかもしれません。

出会いのきっかけが多い場所は次の7つがあります。

  1. 英会話やゴルフなどの習い事
  2. 女性が多い職場
  3. スポーツなどのサークル
  4. まちづくりなどのボランティア
  5. スポーツジム
  6. 近所の公園
  7. よく通う飲食店

これらの出会いのきっかけが多い場所に積極的に行けば、女性と知り合いやすいです。

それぞれ7つの場所を順番に確認していきましょう。

2-1.英会話やゴルフなどの習い事

女性が通っている英会話やゴルフなどの習い事では定期的に、女性と出会うことができます。

毎週同じ時間に会う関係になれば、人見知りでも徐々に会話ができるはずです。

利害関係なく自然な流れで会話ができるでしょう。

2-2.女性が多い職場

結婚したカップルの出会いのきっかけが最も多かったのは職場ということが国内のブライダル企業の調査で分かっています。

女性が多い職場とは例えば、介護職や保育職、事務職などです。

困難をお互いに協力して乗り越えることで恋愛感情が高まる「ロミオとジュリエット効果」が働き、職場での出会いが結婚へと繋がります。

2-3.スポーツなどのサークル

共通の趣味や話題を持った異性がいるスポーツなどのサークルが、出会いのきっかけになることがあります。

男性はなるべく女性の多いサークルに入ると、より出会いの確率が高くなるでしょう。

女性が多いサークルとは例えば、ヨガやダンスなどです。

家の近くにヨガ教室やダンス教室があることも多いので、少しでも気になればチェックしてみてください。

2-4.まちづくりなどのボランティア

まちづくりなどのボランティアに参加することで、真面目な女性や親切な女性と出会える確率が高いです。

ボランティアの種類も多いので自分の興味のあるものに挑戦して、出会いを作っていきましょう。

2-5.スポーツジム

何度も顔を合わせるジムは出会いのきっかけになりやすいです。

ダイエットなど、同じ目的がある異性と知り合いになれば親密度が増す可能性は高くなるでしょう。

自分磨きにもなるので、お金や時間に余裕があれば積極的に検討してみてください。

2-6.近所の公園

犬などのペットを近所の公園で散歩していると、出会いの確率が高くなります。

同じ趣味を持った異性で共通の話題が尽きないものです。

また、顔を合わせる度に好感度が増す効果も働きます。

このことを、心理学では単純接触効果というのです。

犬好きな人は世話が好きな人も多い傾向になるので、優しい異性と出会えるでしょう。

2-7.よく通う飲食店

特に常連となっている飲食店では、出会いのきっかけになることがあります。

実際、飲食店のマスターからの紹介で結婚に発展するというケースもあるのです。

行きつけのお店を作っておけば「誰かと話したい」というときにも便利なので、近所で気に入るお店を見つけてみましょう。

3.出会いのきっかけをモノにする方法

「出会いの場所はわかったけれど、具体的にどうすれば出会いのきっかけをモノにできるの?」と、思われている方もいるかもしれません。

運命の出会いのきっかけを成功させる方法は次の3つがあります。

これらの運命の出会いのきっかけをモノにする方法3つを順番に確認していきましょう。

3-1.お互いの共通点に注目する

運命の出会いのきっかけをモノにするためには、まずはお互いの共通点に注目しましょう。

お互いの共通点に注目することの重要性は研究でも証明されています。

研究で、お互いの共通点があるカップルは、関係が長く続くという傾向があることが分かっているのです。

お互いの共通点があることで安心感や親近感を得られます。

女性と長期的な関係を築きたければ、お互いの共通点を見つけていく習慣を持ちましょう。

3-2.言動の類似点を見つける

運命の出会いのきっかけをより良いものとするため、言動の類似点を見つけましょう。

心理学的にも、言動の類似点が多い相手に魅力を感じるということが分かっています。

例えば、食事のペースや会話のテンポなど、お互いの態度が似ていると恋の始まりになるのです。

相手と言動が似ていたら、それは恋の始まりのサインになる可能性が高いということになります。

3-3.性格の相違点を探す

運命の出会いのきっかけをモノにするには、性格の相違点を探すことも大切です。

「言動が似ているのに、性格は同じとは言えない」という相手は、実は相性が良い可能性が少なくありません。

性格の相違点は恋を深めるということが心理学でも分かっています。

デートを何回も重ねると互いの相違点が出てきますが、それが相手を惹きつけるアクセントとなるのです。

趣味などは共通のものがあるけれど、性格は逆というようなカップルが相性が良いとされています。

出会いのきっかけを見つける際には、このようなモノにするためのポイントも意識しておけば効率的です。

まとめ

出会いのきっかけは身近なところにたくさんあります。

自分の行動次第で出会いのきっかけを得て、モノにすることが可能なのです。

出会いのきっかけを作る方法や場所を知り、積極的に行動して出会いを作っていきましょう。