付き合う前のライン頻度&恋愛関係に繋がる内容とは?重くならないコツも紹介

「付き合う前の女性とはどれくらいの頻度でラインするのがベストなの?」とお悩みではないでしょうか?

付き合う前のライン頻度で女性に与える印象が変わるなら、理想的な頻度が知りたいですよね。

結論から言うと、付き合う前のライン頻度は、女性の性格に合わせるのがベストといえます。

なぜなら相手に合わせてあげることで、女性が無理なくラインやりとりを続けられるためです。

その結果、女性を不快にさせず、かえって好印象を与えられるのでぜひ実践してみてください。

そこで今回は、女性の性格ごとに、付き合う前のラインやりとりのベスト頻度を紹介します。

頻度に関する注意点や、内容に関するコツも押さえつつラインやりとりを続けて、交際へと発展させましょう。

1. 付き合う前のライン頻度が高くても脈ありだとは限らない!

たとえ付き合う前のライン頻度が高くても、相手女性があなたに脈がある状態とは限りません。

なぜなら多くの女性は、男性と比べて、他人に嫌われたくないという意識が強いためです。

その結果、たとえ恋愛感情がなくとも相手男性のことを考えて、高い頻度でラインやりとりしてしまいます。

したがって付き合う前の女性とのラインでは、頻度ばかりを追求するのは控えましょう。

ただし相手女性からラインやりとりが始まることが多いのであれば、脈ありである可能性が高いです。

2. 付き合う前のライン頻度は女性の性格に合わせるのがベスト!

ここまで読んで、ライン頻度は高ければ高いほど良いとシンプルに考えていた男性は驚いたかもしれません。

そして、「付き合う前のライン頻度はどれくらいがベストなの?」と疑問に感じるはずです。

冒頭でもお伝えしましたが、付き合う前のライン頻度は、相手女性の性格に合わせることをおすすめします。

なぜなら性格に合わせてあげれば、女性が無理なくラインでのやりとりを続けられるためです。

その結果、相手女性を不快にさせることがなく、かえって好印象を与えられます。

したがって付き合う前のラインやりとりでは、頻度を追求するのでなく、相手女性の性格に合わせてください。

ここからは、付き合う前のラインやりとりのベスト頻度として、以下3パターンの性格ごとに紹介します。

  1. 恋愛に奥手・マジメな女性のパターン
  2. 恋愛経験が豊富・ノリのよい女性のパターン
  3. 女性の性格が分からないパターン

これら3パターンを意識すれば、相手女性の性格に合わせてベストなライン頻度を把握できます。

それでは、それぞれのパターンを順番に見ていきましょう。

2−1. 恋愛に奥手・マジメな女性には1日1〜2往復程度

相手女性が恋愛に奥手もしくはマジメである性格なら、ラインのベスト頻度は1日1〜2往復程度です。

この性格の女性は、付き合う前の男性との距離感が上手に測れないことがあります。

そのため高い頻度でラインやりとりを重ねると、気疲れさせてしまう可能性が高いです。

これによって、「この男性とラインしてると何だか疲れるな…」と悪い印象を与えてしまいかねません。

上記の理由から、特にやりとりが盛り上がっていなければ、1日1〜2往復程度のライン頻度に留めておいてください。

2−2. 恋愛経験が豊富・ノリのよい女性には1日10往復程度

相手女性が恋愛経験が豊富もしくはノリのよい性格なら、ラインのベスト頻度は1日10往復程度です。

この性格の女性の多くは、付き合う前の男性との距離感の測り方をすでに理解できています。

そのため高い頻度でラインやりとりを重ねても、気疲れさせずに楽しんでもらえる可能性が高いです。

場合によっては、ラインやりとりの頻度を高めれば高めるほど、親密度も高まります。

したがって、1日最低10往復程度はラインやりとりするよう意識しましょう。

2−3. 女性の性格が分からなければ1日5往復程度

上記で紹介した2つに当てはまらないもしくは相手女性の性格が詳しく分からないなら、ライン頻度は1日5往復程度がベストです。

これは、上記で紹介したパターンのちょうど中間に位置するライン頻度といえます。

そのため中間の頻度でラインやりとりすれば、どんな性格の女性であっても悪い印象を与えることは避けられるはずです。

上記の理由から、迷ったら1日5往復程度のラインやりとりからスタートしてみましょう。

なお、その後にやりとりを重ねるなかで、相手女性の反応に注意すると良いです。

そして相手女性の返信速度に合わせていくことで、ライン頻度を調節してください。

3. 付き合う前のライン頻度に悩む男性必見!気をつけるべき注意点

ここまで読めば、女性の性格ごとに、付き合う前のラインやりとりのベスト頻度が分かったはずです。

しかし付き合う前のライン頻度については、まだ注意しなければならないことがあります。

注意点を知らないままラインやりとりを続ければ、無意識のうちに相手女性に悪い印象を与えてしまいかねません。

最悪のケースでは、相手女性との距離を縮められず、交際に発展させられないおそれもあるので知っておくべきです。

ここからは、付き合う前のライン頻度に関する注意点として、以下の4つを紹介します。

  1. 返信を待たずに立て続けにラインしないようにする
  2. 相手からの返信が遅くても気にしすぎないようにする
  3. 返信がきたら早めにラインしてあげる
  4. できるだけ決まった時間帯にラインする

これら4つの注意点を押さえて控えておけば、相手女性にマイナスイメージを与えることを避けられます。

それでは、それぞれの注意点を順番に見ていきましょう。

3−1. 返信を待たずに立て続けにラインしないようにする

気になる女性からの返信を待たずに、立て続けにラインを送るのは控えましょう。

なぜなら、相手女性にしつこい印象を与えてしまうためです。

また付き合う前に立て続けにラインを送れば、相手女性に対する好意を明確にしてしまいます。

これによって、相手女性はあなたに対する興味を失ってしまう可能性があるのです。

つまり付き合う前は、好きなのか嫌いなのかを相手に教えないスタンスで駆け引きすることが大切といえます。

このことは、心理学者ダニエル・ギルバートが行った実験と研究によって明らかにされました。

そのため付き合う前のラインでは、相手に恋愛感情を悟られないよう注意してください。

具体的には、相手の返信を待ってからラインすることで、あからさまな好意のアピールを避けられます。

3−2. 相手からの返信が遅くても気にしすぎないようにする

気になる女性からの返信が遅くても、気にしすぎないようにしましょう。

なぜなら、相手女性にも返信が遅れてしまう何らかの理由があるためです。

それにも関わらず、返信の遅さで相手女性を責めれば、相手女性に無理をさせてしまいます。

場合によっては関係を悪化させかねないので、くれぐれも注意してください。

付き合う前は好きなのか悟らせない不確実性を意識しつつ、気長に返信を待つことがおすすめです。

なお相手女性からの返信が遅いことが気になって仕方ない場合、不安型と呼ばれる心理タイプに当てはまることがあります。

たとえば、以下のような傾向が強ければ、不安型である可能性が高いです。

自分は相手女性ともっと仲良くなりたいが、自分が望むほど相手女性が親しくなってくれないと感じる

一緒にいても相手女性相手は、自分と一緒にいたくないのではないかと感じる

不安型の人は、常日頃から相手からの好意の証拠を求め続ける傾向にあるのです。

そのため相手女性からラインの返信が遅いと、過剰に不安を感じてしまいます。

もしも不安型である場合、まずはその意識を転換するところから始めることが大切です。

3−3. 返信がきたら早めにラインしてあげる

気になる女性から返信がきたら、早めにラインを返してあげてください。

なぜなら早めにラインを返してやりとりの頻度を高めれば、親密な関係を築けるためです。

これによって相手女性に、あなたの存在を強く意識づけることができます。

したがって相手女性から返信がきたら、できるだけ早めに対応しましょう。

具体的に言うと、最低でも15日間に1回以上は連絡を取ると良いです。

とはいえ上記の頻度はあくまでも最低限の数字であり、頻度が高ければ高いほど親密度を高められます。

その一方で、15日以上の期間を空けてしまうと、お互いの信頼感や好感度を低下させてしまいかねません。

付き合う前の相手女性と良い関係を保ちたければ、少なくとも15日に1回はラインでやりとりしてください。

3−4. できるだけ決まった時間帯にラインする

気になる女性とのラインは、できるだけ決まった時間帯にするように意識してください。

なぜならラインする時間帯を一定にすることで、相手女性にあなたとのラインやりとりを印象付けられるためです。

また、あなたの生活スタイルをアピールすることもできます。

したがって付き合う前のラインでは、頻度とあわせて時間帯にも注意すると良いでしょう。

とはいえ、「ラインやりとりする時間帯って何時でも良いの?」と疑問に感じる男性もいるはずです。

具体的には18時〜23時ころの時間帯を狙ってラインすると、女性が無理なく返信できます。

相手女性が社会人であれば、「お仕事おつかれさま」という挨拶から始めると、好印象を与えられるはずです。

4. 付き合う前のラインで脈あり確認できる!頻度と内容をチェック

ここまでの注意点を読んで実践すれば、相手女性にマイナスイメージを与えることなくラインやりとりを続けられます。

そしてある程度ラインのやりとりを続けたら、相手女性が自分に脈があるのか確かめると良いです。

ラインの頻度と内容だけでも脈ありチェックできるので、ぜひ押さえておいてください。

ここからは、付き合う前のライン頻度と内容で確認できる脈ありチェックポイントとして、以下の3つを紹介します。

  1. ラインの返信がすぐにくる
  2. 特別な要件のないラインが送られてくる
  3. あなたのプライベートについてよく聞かれる

これら3つのチェックポイントを押さえて当てはめれば、ラインやりとりする女性が脈ありなのか簡単に確認できます。

それでは、それぞれのチェックポイントを順番に見ていきましょう。

4−1. ラインの返信がすぐにくる

1つ目の脈ありチェックポイントは、ラインの返信がすぐにくることです。

あなたがラインを送ると数分程度で返信がくるようならば、脈ありの可能性があります。

とはいえ相手女性が日常的にスマホをいじる頻度が高い場合、返信の速さだけでは脈ありだと言い切れません。

なぜなら前述したとおり、多くの女性は他人に嫌われたくない思いから、恋愛感情がなくともラインを返すためです。

その一方で、普段は頻繁にスマホを見ないのに、あなたのラインには早めに返信する女性は、脈ありの可能性が高まります。

上記の理由から、相手女性の返信速度とあわせて、普段のスマホの扱い方を注意して見てみると良いでしょう。

たとえば、デートで食事やお茶をしているときも常にスマホを気にかけている女性は、スマホをいじる頻度が高いといえます。

4−2. 特別な要件のないラインが送られてくる

2つ目の脈ありチェックポイントは、特別な要件のないラインが送られてくることです。

とりわけ用事がなさそうなのに相手女性からラインが送られてくるならば、脈ありの可能性が高まります。

たとえば、以下のようなラインが届くようになれば、あなたに好意を持っているはずです。

「これ今日見た景色!綺麗じゃない?」

「この映画知ってる?めっちゃ面白かったから観てみて」

「この動画、めっちゃ面白くない?」

上記のようなラインが届くようになれば、高い確率で告白が成功し、交際へと繋げられます。

もしも写真付きであれば、感動を共有したがっているので、話を合わせてあげると好印象です。

ちなみに、このようなラインが届かないのであれば、あなたから働きかけてみるのも1つの方法といえます。

つまりあなたの方から相手女性に対して、あえて要件のないラインを送ってみてください。

あなたのメッセージに返信してくれるようであれば、脈ありの可能性があります。

4−3. あなたのプライベートについてよく聞かれる

3つ目の脈ありチェックポイントは、あなたのプライベートについて良く聞かれることです。

相手女性がラインであなたのプライベートについて聞いてくるようであれば、脈ありの可能性が高まります。

なぜなら女性は、特定の男性に興味を持つと、その男性のことをもっと知りたいと考えるためです。

たとえば、以下のような質問がラインで送られてきたら、高確率であなたに恋愛感情を抱いています。

「次の週末のお休みは忙しいの?」

「いま好きな人いる?(どんなタイプの女性が好き?)」

「昔付き合ってた人ってどんな人だった?」

上記のようなラインが届くようになれば、高い確率で告白を成功させられて、交際へと繋げられます。

ちなみにプライベートを聞いてくるラインが届いたら、同じ質問を相手女性に返すと良いです。

そのときに相手女性が、ハッキリとしない返事をするならば、脈ありの可能性はより高まります。

5. 頻度とあわせて実践!付き合う前のラインやりとりのコツ5選

ここまで読めば、相手女性とのラインの頻度や内容から、脈ありなのか確認できたはずです。

とはいえ、まだ相手女性があなたに脈ありの状態でなかったとしても心配ありません。

ラインで相手女性とやりとりするとき、頻度だけでなく送る内容も意識することで、これから挽回できます。

なぜならラインのやりとりを工夫すれば、相手女性に好印象を与えられることが心理学的に分かっているためです。

そこで最後に、女性と付き合う前のラインやりとりのコツとして、以下の5つを紹介します。

  1. 短文でのメッセージを意識する
  2. 女性にたくさん質問して深堀りする
  3. 女性から質問されたら質問で返す
  4. ラインスタンプは喜怒哀楽がはっきり伝わるものを送る
  5. 心の距離を縮める話題を取り入れる

これら5つのコツを押さえてラインやりとりを重ねれば、相手女性に好印象を与えられます。

将来的に交際への発展も望めるので、この記事で紹介した頻度の工夫とあわせて実践するようにしてください。

それでは、それぞれのコツを順番に見ていきましょう。

5−1. 短文でのメッセージを意識する

付き合う前の女性とのラインやりとりでは、頻度だけでなく、短文でのメッセージも意識してください。

なぜなら短文でラインすることで、相手女性の想像力が働くためです。

これによって相手女性の想像力を掻き立てることができ、あなたの存在を強く意識付けることができます。

したがって付き合う前の女性とのラインでは、長々とした文章を送らないようにしましょう。

具体的には、以下のようなシチュエーションにおいて、短文メッセージは効果を発揮します。

男性:「昨日行ったカフェすごく雰囲気よかったよ」

女性:「へぇ〜!(気になるな…)どんな感じだったの?」

男性:「すごく落ち着いててさ、今度一緒に行ってみない?」

女性:「いいね行こう!(なんで私と一緒に行きたいんだろう…)」

あえて全てを語らないことで、伝えたいことを効果的にアピールできます。

5−2. 女性にたくさん質問して深堀りする

付き合う前の女性とのラインやりとりでは、頻度以外にたくさん質問することも心がけてください。

なぜなら相手女性に興味があることをアピールでき、良い印象を与えられるためです。

このことは、ハーバード大学の研究によって科学的に明らかにされました。

そのため付き合う前の女性とのラインでは、質問する頻度も意識しましょう。

しかし「たくさん質問なんて思い浮かばない…」という男性もいると思います。

そんなときは、連想ゲームのように質問を投げかけると良いです。

たとえば、以下のようにラインの返事を活用して繋げることで、たくさん質問できます。

男性:「趣味はなんですか?」

女性:「カフェ巡りです」

男性:「カフェ!僕も大好きですよー。お気に入りのお店あります?」

女性:「〇〇駅の近くにある★★ですかねー!」

男性:「あ、そこまだ行ったことないけど気になってたカフェです!よければ今度お茶しにいきませんか?」

上記のようにラインの話題を切らずに、自然な流れで質問を続けていくのがポイントです。

5−3. 女性から質問されたら質問で返す

付き合う前の女性とのラインやりとりでは、頻度だけでなく、質問返しも心がけてください。

なぜなら女性は自分が質問してもらいたいときに、相手に質問する傾向があるためです。

そのため質問に質問で返せば、女性の欲求を満たしてあげられるので、好印象を与えられます。

上記の理由から、付き合う前の女性とのラインやりとりで質問されたら、質問で返しましょう。

具体的には、質問に対する答えを短めに話して、すぐに同じ質問を振ってあげることで多くの女性は喜びます。

5−4. ラインスタンプは喜怒哀楽がはっきり伝わるものを送る

付き合う前の女性とのラインやりとりでは、頻度以外に、ラインスタンプの選び方も工夫してください。

なぜならラインスタンプを有効活用することで、相手女性にあなたの人間味をアピールできるためです。

たとえば、あなたの喜びや楽しさを伝えられる表情を持つキャラクターのラインスタンプをおすすめします。

上記のスタンプを送ることで、あなたが表情豊かで人間味がある男性だとアピールすることが可能です。

ただし自分の趣味に走りすぎたスタンプでは、相手女性が世界観を理解できません。

2人の間に距離ができてしまうだけでなく、悪い印象を与えかねないので控えておくようにしましょう。

5−5. 心の距離を縮める話題を取り入れる

付き合う前の女性とのラインやりとりでは、頻度だけでなく、心の距離を縮める話題も活用してください。

付き合う前の女性の心を落とすには、2人の心の距離を縮めなければなりません。

ここからは、心の距離を縮める話題として、以下の3つを紹介します。

  1. 好きな食べ物について
  2. 趣味について
  3. 過去に共有した体験について

これら3つの話題を押さえて実践すれば、相手女性に好印象を与えられ、距離感を縮められます。

それでは、それぞれの話題を詳しく見ていきましょう。

①好きな食べ物について

心の距離を縮める1つ目の話題は、「好きな食べ物」についてです。

好きな食べ物に関する質問は、相手女性のプライベートを探りつつ会話を盛り上げられるため鉄板の話題といえます。

質問するときは、相手より先に自分が好きな食べ物について話しておくと、女性も話しやすいです。

そして相手の好きな食べ物を聞いたら、好きなごはん屋さんについても質問してください。

ここで好きなごはん屋さんを聞き出せたら、会話の流れでそこでの食事デートに発展させることもできます。

②趣味について

心の距離を縮める2つ目の話題は、「趣味」についてです。

趣味に関する質問も、相手女性のプライベートを開示させるきっかけとなる話題といえます。

そして相手の趣味を聞いたら、自分の趣味も手短に紹介しておくと良いでしょう。

もしも2人の趣味が合っていれば、趣味の話題からデートへと繋げることもできます。

相手女性にプライベートを開示させつつデートも重ねることで、心の距離を縮めていくようにしてください。

③過去に共有した体験について

心の距離を縮める3つ目の話題は、「過去に共有した体験」についてです。

これまでに一緒に経験したことがあるならば、体験に関するポジティブな感想を送りましょう。

これによって、相手女性にあなたとの楽しかった思い出を意識させることができます。

その結果、「この男性と一緒にいる時間は楽しいな」と印象づけることが可能です。

たとえば一緒に観に行った映画の感想や、一緒に行ったカフェの感想などを伝えてください。

あなたが感じたことを伝えても良いですし、相手女性がどう思ったのか尋ねても良いです。

過去のデートの感想を伝えることで、次回のデートに誘うきっかけにも繋がります。

まとめ

付き合う前のライン頻度は、相手女性の性格に合わせてあげることが大切です。

また、たとえ返信が遅くても気に病まず、相手のことを考えたやりとりを心がけると良い印象を与えられます。

ちなみに付き合う前のラインについては、頻度だけでなく内容も工夫しなければなりません。

送る内容に関するコツを実践しつつ、ラインでのやりとりを続けることで、交際へと発展させましょう。