【With体験談】恋人作りで使ったウィズでタイプのロリ顔に出会えた話

「Withって本当に彼女を作ることができるの?」

「サクラとかっていないの?」

上記のようにお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

初めまして、With利用者です。

本記事では、僕がマッチングアプリwithを利用して彼女作りに励んだ話を紹介します。

結論から申し上げると、Withを使って彼女を作ることはできました。

しかも、僕のタイプにしっかりマッチしている女性で、性格や考え方もめちゃくちゃ重なっています。

なので、今回は、これからWithで彼女を作ろうと考えている人に向けて、僕に彼女ができるまでの軌跡をご紹介。

Withを始めようか悩んでいる方の参考になりますと幸いです。

僕がwith(ウィズ)を始めた2つの理由

with

マッチングアプリの利用目的は人によってそれぞれですが、まずは僕がWithを始めた理由についてご紹介します。

ざっくりと以下の2点です。

  • 彼女が3年ぐらいできなかった
  • 内面が素敵な恋人が欲しかった

軽く説明していきますね。

理由1.彼女が3年ぐらいできなかった

まず1つ目の理由としては、僕はWithを使って彼女ができる前は3年以上彼女ができたことがありません。

周りの友達は恋人ができたり、中には結婚もしている人がいたり、焦りを感じていました。

そんなときある友人はマッチングアプリを使って恋人を探しているという話を持ちかけてきて、「出た、よくある話だな」ぐらいに聞き流していました。

しかし、自分の恋人が欲しい気持ちは日に日に強まっていくばかりだったので、マッチングアプリを使うことにしました。

理由2.内面が素敵な恋人が欲しかった

数あるマッチングアプリの中で、僕がwithを選んだ理由は完全に”内面が素敵な恋人”を作りたかったからです。

というのも3年前まで付き合っていた彼女は、束縛が強く、考え方が合わないことがしばしばあり、受け止めきれない部分がいくつかありました。

自分が少し変わった仕事をしているということもあり、ありのままの自分を受け止めてくれる女性と付き合いたいなとも思っていたので、ネットの口コミなどを参考にしながら知らない女性と価値観をすり合わせやすそうなマッチングアプリ ”with”を選びました。

相性診断を使って運命のマッチングができるwithでは、自分と相手との相性をすり合わせる機能があるため、

「この機能を逆手に取れば、女性とやり取りできれば、自分の理想とする女性と出会えるのではないか」という戦略を抱えて、数日間多くの女性にアタックを始めました。

すると、数日後ある女性と連絡が続くことになります。

Withを始めて1ヶ月10人の女性とマッチしたが…

僕はWithを登録する際、一番コスパの良さそうな3ヶ月プランで契約しました。

というのも、マッチングアプリ自体使うのは初めてで、あまりお金はかけたくなく、3ヶ月で彼女を作れなければ、別のアプリを使おうと思っていたので、一番無難なプランを選ぼうと思ったからです。

そして、始めの1ヶ月間はブースト機能的などがあったので、10人ぐらいの女性とやり取りすることに成功。

2人の女性とデートに行くことができました。

しかし、どの女性も自分の中でもあまり違うなという感じで、もやもやっとしたまま残りの期間を使い倒していました。

すると、1人のアパレル店で働くロリカワどタイプの女性と連絡を取ることに。

Withで有名アパレルに働く24歳の女性とマッチ!

連絡が取れた女性は有名アパレル店で働く社会人の方で、僕と同い年の24歳ということが判明。

しかも顔はロリ顔で僕のめちゃくちゃタイプの女の子。

「やばいめっちゃタイプだな…」

僕はビビっときました。

「この人と絶対にデートに行きたい!」

なぜかはわかりませんが、この人と絶対に話してみたかったので、withアプリ内での会話をスタート。

「こんにちは!初めまして、〇〇と言います!マッチングアプリありがとうございます!美味しいお酒とご飯が好きなので仲良くしてください〜」

初めに送る文章はwithにもあるテンプレートを駆使しながら相手に失礼のないような文を送りました。

自分の中でも一番このメッセージを送るのに注意を払った気がします。

すると数分後彼女から返信がきて、

Withメッセージ画像

という感じで送られてきました。

素敵に思っていいねしてくれたのは個人的にとても嬉しかったです。

そんなこんなで

  • 住んでいる場所
  • 趣味
  • 普段のスケジュール

など、たわいもない会話をして盛り上がってきたところですぐにLINEへ移行しました。

Withメッセージ画像2

 

デートの日程が決まったのは寒くなってきた11月の中盤。

2人で居酒屋にでもいこうかという話になったので、場所も真ん中辺りの大阪で飲みに行くことになりました。

デート中に手を繋いでくるロリ顔女性

デート

そしてデート当日。

写真通りの可愛いロリ顔の女の子でした。

「初めまして!withの〇〇です!」

「初めまして〜〇〇です〜」

写真通りの僕のタイプの顔立ち、声はめちゃくちゃ可愛かったので、さらに好印象。

また、彼女は、体は小柄だけど、懐はとても大きいであろう気品を感させてくる女性でした。

「お店予約してるので、そこ行きましょう」

予約したお店は話題の”肉寿司”を食べながらお酒が飲めるお店で、計画としてはベロベロに酔わせてお持ち帰りをしようという魂胆です。

お店に到着し、早速飲み始めます。

「お酒けっこう飲むん?」

「1人では飲まないけどめっちゃ好きです!」

自分と年齢は一つ違いということで会話も弾み、今までの経歴や共通する趣味の話をしたり、徐々にお互いの距離が近づいてきます。

確かな手応えを感じながらも「どうしたらつきあえるのだろう?」と考えながら2人の時間をすごいしていました。

すると飲んでいる最中、ロリ顔女性は僕の顔をまじまじと見ながらこんなことを質問してきます。

「〇〇は彼女とかはおらんの?」

え?急に恋愛話?

「いないんですよ〜ここ3年ぐらいは彼女がいないです(笑)」

「あ、そうなんや。私も1年ぐらいおらへん〜」

「そうなんですね!前の彼氏はなんで別れたんですか?」

「ん〜私そのとき東京住んでて、地元の関西に帰るってなったら遠距離は無理みたいになって別れちゃった(笑)」

僕は頷きつつ、ふとなぜ東京にいたのか気になって思わず聞いてしまいました。

「あ、東京にいたんですね!なんでですか??」

するとこんな答えが

「私、中学生ぐらいから服飾関係のお仕事したいなと思ってて、それで高校卒業してから東京の専門学校にいっててさ。でやっぱり地元で就職したいな〜と思ってこっち帰ってきたんよ。」

「そうですね!じゃあアパレルのお仕事がずっとしてみたかったってことですか?」

「うん〜。興味あるのは服の企画とかデザインを考える方やから今は店舗で接客してるけどいつか本社まで行けるように頑張ってます〜!」

やりたいことに突き進んでいる彼女の話を聞いて、とても素敵だなと思いました。

毎日の仕事はどうしても大変らしく、ときには、対応に困るお客様がくることもあるようで。

けど夢に向かって日々の業務をこなしている彼女を見ているととても惹かれるものがありました。

(…素敵だなぁ〜。)

彼女への思いはより一層強くなってきました。

約3時間が経過したころ、お会計を済まし一旦外へ。

すると2軒目に行くと思いきや、なぜか坂を越えた辺りにある公園で2人の時間を過ごすことに。

女性と2人で公園なんていつぶりだろうか。

「寒い寒い〜」

と甘えた声で言いながら、彼女の方から手を繋いできます。

僕はグイグイ来られたことに怖気づいて少しびっくりしてしまいましたが、なぜか落ち着いてしまう感覚に陥りました。

場の雰囲気的には彼女が圧倒的優位。

(かわいい…!)

女性としての魅力の多い彼女をしっかり”恋愛対象”として意識している気がしました。

「あのさ〜、また次も遊んでくれへん?」

「はい!遊びましょう!!」

ロリ顔に似合わずグイグイきた彼女に僕はガッツリ心を掴まれていました。

LINEが続き、そのまま付き合うことに

その日のデートも終わり、早速次にあう日程をLINEで決め2度3度と遊びを重ねてから僕は告白しました。

(いつ返事がくるんだろう?)
(早く会いたいな。)

LINEがこんなに楽しいと思ったのはおおよそ高校生ぶり。

彼女と会わない時間は彼女のことしか考えていないほど思いが募っていました。

まとめ

恋活目的で使用していたwithですが、やはり診断結果などの機能を含め運命の相手に出会えることは間違いないようです。

付き合って数ヶ月が経ちましたが、まだ僕は彼女と付き合っています。

毎日のLINEが楽しいし、デートの日が待ち遠しい。

月毎の記念日はしっかりと2人でお祝いしてゲラゲラ笑いながら、お互いの時間を大切にしています。

withを利用した目的は単純に内面部分を尊重できる彼女が欲しい出したが、思いもよらぬ女性を引き当てることができました。

最高の出会いを生み出してくれたwithにはとても感謝しています。