Jメールは東京では出会えないって本当?理由を徹底調査しました

東京の街並み

「東京でJメールって使ってみたいけど、口コミの内容が悪いから不安・・・」
「東京でJメールを使って可愛い子と出会えた人がいるらしいけど、本当かな?」

あなたはこのような疑問を持っていませんか?

ミントC!Jメール(以下:Jメール)は福岡が発祥の老舗出会い系サイトです。

Jメールは発祥地の福岡以外にも東京や大阪など、都市部でも大々的な宣伝を打ち出していて、出会い系サイトの中でも有名です。

Jメールのイメージキャラクターである、可愛らしいたぬきの「ミン太」がプリントされた宣伝トラックを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

しかし、Jメールの口コミを調べてみると「Jメールは危険」「出会えない」「騙された」などネガティブな口コミもちらほらと見かけます。

そこで今回はJメールについて、東京では出会えないという噂は本当なのか、その理由を徹底分析しました。

また東京でJメールを使って効率的に出会えるコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Jメールは東京では出会いが少ないって本当?その理由は?

手をつなぐカップル

「Jメールは東京では出会いない」
「出会えるのは(Jメール発祥の)福岡だけ」
「Jメールは業者が多過ぎ」

Jメールについて調べてみると、このような口コミが見られます。

これらの口コミだけ見ると「Jメールってヤバいサイトなのかな?」と不安に思いますよね。

しかし、悪い口コミも見かける一方で、以下のような良い口コミも見かけます。

「Jメールで初めて出会った人と付き合えることになった」
「普通に業者じゃない一般人の子と出会えた」

このように良い口コミがある一方で、悪い口コミもあるJメール。

いったいどちらが正しいのでしょうか?

また、なぜ東京では出会えないという口コミが多いのでしょうか。

その理由は「掲示板サイト」にありました。

掲示板サイトでの評判が悪い

「Jメールが東京では使えない(出会えない)」という声が広まった背景には、掲示板サイトの口コミが原因として挙げられます。

ネットの掲示板で「Jメールは使えない」という声が広まってしまったため、Jメールを利用したことがない人でも「Jメールって危険なんだ」と思い込んでしまい、悪い口コミが広がってしまったと考えられます。

掲示板サイトでJメールの評判が悪い理由とは?

パソコンと考える男性

「Jメールが東京で使えない」という声は掲示板から広まりましたが、そもそもなぜJメールの評判が悪くなってしまったのでしょうか?

「そんなの、本当にJメールが悪いからじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、実は理由は他にもあるのです。

Jメールが掲示板サイトで評判が悪い理由を見てみましょう。

①業者にひっかかってしまった

まず第一の理由として、良く見る口コミにもある「業者」の存在が挙げられます。

Jメールで知り合って、メッセージのやり取り、あるいは会って金銭のやり取りをしたのが実は業者だったというケースです。

当然、腹が立った利用者は掲示板で「Jメールで業者の被害にあった」と書き込みます。

あるいは、注意喚起のつもりで「Jメールは業者がいるから使わない方が良い」と書く人もいます。

しかし、その事実をやや誇張気味に「Jメールは業者ばかり」と書いてしまう人もいるので、どんどん話が大きくなり「Jメールは業者ばかりで出会えない」ということになってしまうのです。

業者はどの出会い系サイト・アプリにも潜んでいる

確かにJメールには業者が紛れ込んでいることもあるので「Jメールに業者がいる」という情報は間違いではありません。

しかし、業者やサクラはどの出会い系サイト・マッチングアプリにも潜んでいます

大切なのはJメールに業者がいるかいないかということではなく、業者やサクラに引っかからないことなのです。

②Jメールの雰囲気が合っていなかった

Jメールの掲示板での評判が悪い理由としては「Jメールの雰囲気が利用者に合っていなかった」ということが挙げられます。

相手と出会いたい理由が異なっていたため、なかなか出会いに結び付かず結果として「Jメールは東京では使えない」という声が生まれてしまったのです。

Jメールは「サクッと遊びたい人」向け

Jメールは出会い系サイトですが、一口に出会い系といっても、サイトやアプリによっては出会いの性質が違います。

例えばマッチングアプリの「omiai」は、その名の通り結婚を意識した出会いを探したい人向けです。

Jメールは「サクッと出会って遊びたい」という人向けのサイトなので、Jメールで結婚を意識して、じっくりお付き合いをしたいという人を探すのはどちらかといえば難しいです。

逆にすぐに出会いたい人を探すのにはとても探しやすいサイトなので、自分の出会いの目的に合ったサイト・アプリを利用することが大切なのです。

東京でJメールで出会うコツ

夜景を眺めるカップル

Jメールを使って東京で出会いを探すのなら、ちょっとした「コツ」を覚えておきましょう。

これからご紹介するコツを意識することで、出会える確率もアップしますよ。

①出会いの目的はしっかり書く

まずプロフィールには出会いの目的をしっかり書いておきましょう

先ほどJメールはサクッと出会いたい人向けと書きましたが、もちろんそれ以外の目的の人もいます

そこで出会いの目的が合わない人とのミスマッチを避けるため、プロフィールには自分がどのような出会いを求めているのかはしっかりと明記するべきなのです。

目的をしっかりと書いておけば、同じ目的を持つ人から興味を持たれやすいメリットもあります。

②掲示板機能を積極的に利用する

Jメールの最大の特徴は、種類豊富な掲示板です。

掲示板への投稿から出会いが生まれることも多いので、利用しない手はありません。

それぞれの掲示板の特徴と使い方を見てみましょう。

ピュア掲示板の使い方

ピュア掲示板とは、その名の通り純粋に友達や恋人を探すことを目的とした募集用の掲示板です。

そのためいきなり身体の関係を持ちたいという人には向きません。

ピュア掲示板には「恋人・友達募集」「ミドルエイジ」「全国友達探し」の3つのジャンルがあります。

恋人・友達募集は、どちらかと言えばゆっくりとお互いを知りながら恋愛したい人向けです。

ミドルエイジは、ピュア掲示板の中でも30代以上の大人な人と出会いたい人にぴったりです。

また全国友達探しは、住んでいる地域や年齢、性別も問わず友達を募集することができます。

ピュア掲示板を利用する際は、アダルトなワードや表現は使わないようにしましょう。

また相手が安心するように、投稿内容は誠実さをアピールしたものにすると出会い率が上がりますよ。

アダルト掲示板の使い方

アダルト掲示板はすぐにでもエッチしたい相手を探すのに適した掲示板です。

アダルト掲示板には「今すぐあそぼっ」「Hな出会い」「人妻の誘惑」「アブノーマル」「ミドルエイジアダルト」「全国アダルト」の6つのジャンルがあります。

アダルト掲示板はすぐにエッチできる人が探せる便利な掲示板ですが、Jメールの中では最も業者が多いとされる掲示板なので、注意が必要です。

業者の見分け方については、後程詳しく解説しますが、条件が良過ぎる、お金のやり取りの交渉をしてくるのはほぼ業者と見て良いでしょう。

そのような投稿や、掲示板の書き込みへの返信は避けるようにしましょう。

チャンス掲示板の使い方

チャンス掲示板とは掲示板の検索方法のひとつです。

掲示板でチャンス検索をかけると、掲示板に投稿したのに関わらずメールをあまりもらっていない投稿がピックアップされ、競争率が低く返信率が高い投稿を探すことができるのです。

他の掲示板でなかなか返信が来ない、競争率が高いと感じた人におすすめの機能ですよ。

③新人検索機能で新しい人にも積極的にアタック

新人検索機能とは、その名の通りJメールに登録したての新人を検索することができます。

新しく登録した人はログイン率や返信率が高いので、新人検索も欠かさずに行い、新しい登録者で気になった人がいればどんどんアタックしていきましょう。

④ボトルメールを定期的に流してみる

ボトルメールとは、現実でメッセージを詰めた瓶を海に流すボトルメールのネット版と言った感じです。

ボトルメール機能を使って流したメッセージは、Jメール登録者にランダムで届く仕様となっています。

ボトルメールが運命の出会いとなった人もいるので、ボトルメール機能は定期的に流してみましょう。

もしかしたら運命的な出会いにつながるかもしれませんよ。

⑤業者を見分けて避ける

もしも業者にひっかかってしまうと、時間もお金も無駄になってしまうことがあります。

お金まではとられなくても、時間はお金に匹敵する貴重なもの。

業者とやり取りしているうちに、良い人が別の人と引っ付いてしまうこともあるので、業者を見分ける方法を身に着けて、避けるようにしましょう。

Jメールに潜む業者の特徴とは?

悪者のイメージの男性

Jメールにはたまに業者が潜んでいます

業者と関わっていると、時間もお金も無駄にしかねないので避けるようにしましょう。

とはいえ、業者も一般人に紛れて潜んでいるので、見分けるコツを知らないと見分けるのはなかなかに難しいもの。

そこでここではJメールに潜む業者の特徴や見分け方を紹介します。

ちょっとでも怪しいと感じた人は避けるのが吉ですよ。

また、お金が無いアピールをするなどしてカマをかけてみるのも有効です。

①アイドル・女優並みに可愛い、美人

プロフィール写真がものすごくきれい、可愛い人だとつい「良いな~」と思いますよね。

しかし、可愛かったり美人だったりするのに、常に募集をかけているような人は業者である可能性が高いです。

また、まるでプロが撮ったような綺麗な写真の人にも注意してください。

普通、かなりの美人ならば多くの人からアタックがあり、その中から自分に合う人を選ぶので頻繁に募集をかけることは無いでしょう。

しかし、いつも美人の方から募集をかけているのは、カモを探している業者かもしれません。

仮にもしも一般人だったとしても、多くの人からアタックを受けているのに誰にもなびかないということは、性格に問題がある可能性があります。

②すぐに会いたがる

Jメールはサクッと会いたい人に向いているアプリなので、すぐに会いたがるのは別に問題がないように思うかもしれません。

しかし、特に会話らしい会話もしないうちから「会いませんか?」と言ってくる人は危険です。

普通ならば、多少なりとも相手のプロフィールを見てどんなところに興味を持ったか、東京のどの辺りに住んでいるのかなど、会話を交わして相手の人となりを見ようとするはずです。

しかし、そういったこともなく、いきなり会おうというのは、とにかくお金を巻き上げることしか考えていない業者である可能性が高いのです。

③会話のキャッチボールというより押し付けてくる

相手から一方的にしゃべる感じのメッセージを送ってくる場合も業者の可能性が高いと言えるでしょう。

業者はとにかく早くお金を得ることを考えているので、男性が喜びそうな文句をテンプレートにして誰彼構わず送っているのです。

そのため「〇〇って言います!旦那がいるけどかまってくれないから寂しいの・・・会いませんか?」といった、一方的なメッセージが送られてきた場合は注意してください。

④お金を要求してくる

出会い系で「お金がなくてピンチなんです・・・最初だけお金もらえませんか?」という感じでお金を要求してくる人は業者である可能性が非常に高いです。

こういった人は援交デリヘルの嬢で、最初だけと言いつつ、その後もずるずるとお金を要求されることになりかねません。

仮に本当にお金に困っている一般女性だったとしても、お金を要求しつつの交際はあなたのお金にしか興味がありません。

そんな人とは例え遊びだとしても会わない方が良いですよ。

まとめ

今回は東京でJメールを使っては出会えないという噂は本当かどうかについての調査内容をご紹介しました。

東京でJメールが使えないと言われる理由は掲示板での口コミが悪いことが原因です。

しかし、掲示板にある内容は他の出会い系サイト・アプリでもあり得ることなので、格別Jメールが悪いというわけではありません

Jメールは業者を見抜くことができれば、きちんと出会いもあります

ぜひ今回ご紹介した業者を見抜く方法を駆使して、東京での出会いでJメールを使ってみてくださいね。