「田舎だから恋人ができない」は嘘!地方在住者におすすめの6つの出会い方

「田舎で出会いを探す方法が分からない」と悩んでいますね。

田舎で女性と出会うには、自分から出会いの場へと積極的に行かなければなりません

地元に限定せず、他の市町村や全国など出会いの範囲を広げましょう

しかし、ただやみくもに行動しても出会いの効率は悪く出会えない恐れも。

そこで、地方在住者が出会いを探す場所やおすすめの出会い方であるマッチングアプリをご紹介!

「田舎だから」と諦めずに積極的に行動して、素敵な女性と出会いましょう。

1.なぜ田舎は出会いにくい?地方在住者が出会えない3つの理由

地方在住者が出会えない3つの理由

田舎だと出会い自体が少なく、女性との出会いを探すのが難しいと感じている人は多いでしょう。

田舎で出会いにくくなる理由は、下記の3つです。

  1. 都会と比べると人の数が少ない
  2. ほとんどが恋人持ち・既婚者である
  3. 「田舎だから…」と諦めてしまっている

田舎は、都会よりも少ない人口の中から積極的に女性との出会いを探さなければなりません

田舎で出会いが少ない理由を知って、どのように出会いを作っていくか考えていきましょう。

理由1.都会と比べると人の数が少ない

地方在住だと、都会に比べて人が少ないため必然的に出会いも少なくなります

あなたに理想の女性像があったとしても、女性の少ない田舎で思うような出会いを望めません。

そもそも、過疎化している田舎だと若い女性と出会うことが難しくなります

人口の少ない田舎だと、出会いの機会も少なくなってしまうのです。

理由2.ほとんどが恋人持ち・既婚者である

地元に残っている女性の場合、ほとんどが恋人持ちか既婚者になります。

なぜなら、田舎では学生時代から付き合っている人と早期に結婚しやすい傾向にあるからです。

「早く結婚したい」と考える女性も田舎には多くいるため、地元にずっといる男性と恋仲関係にあります。

そのため、一度大学で都会に引っ越してしまった人や就職で田舎にきた人など、ずっと地元にいない人は恋愛において不利です。

田舎にいる女性のほとんどが恋人持ちか既婚者のため、なかなか出会いが見つかりにくいでしょう。

理由3.「田舎だから…」と諦めてしまっている

そもそも、「田舎だから…」と諦めてしまう人も多いです。

しかし、積極的に女性へのアプローチをしなければ、出会いがあっても彼女ゲットに至りません。

地元で出会いを探すのが難しいなら、県内だけでなく全国にも視野を広げるもの手です。

田舎だからと諦める前に、女性と出会える場所に行くことやサービスを利用する方法を模索しましょう。

2.田舎でも大丈夫?出会いを作る6つの方法

田舎でも出会える6つの方法

出会いは、田舎に住みながらでも作ることができます

出会いを探すには、下記の6つの方法を実践しましょう。

  1. 友人や知人に紹介してもらう
  2. イベントで他の地域の女性と出会う
  3. 自治体主催の街コンに参加する
  4. 職場で出会いを探す
  5. お見合いをする
  6. マッチングアプリ

田舎になると、出会いが少なくなるため、身近な出会いも大切にしてください

方法1.友人や知人に紹介してもらう

田舎で出会うには、友人や知人に紹介してもらいましょう

友人や知人なら好みの女性を伝えることができ、紹介前には女性の性格や容姿について教えてもらえます。

ただし、紹介してくれた相手の顔を潰さないように慎重にお付き合いを決めなければなりません。

上司や親戚などからの紹介だと、より気を遣う必要があるでしょう。

方法2.イベントで他の地域の女性と出会う

季節や伝統あるイベントで、他の地域から来る観光客の女性と出会いましょう

夏祭りや花火大会など、地元や近隣の地域で催されているイベントなら、あまり遠出しなくても出会いを探せます。

花火大会の最中なら、女性も楽しんでいるため話しかけられても無視されにくいです。

さらに、浴衣を着て特別なシチュエーションを演出すれば、「吊り橋効果」で好感度を上げたまま声をかけやすくなります。

女性に声をかける時は、女性に共感を与えられるようにしましょう。

「一人ですか?僕も一人で来たから…」

「それ、どこに売ってたんですか?」

もし、イベントが無いなら他の地域のイベントへ足を運ぶだけでも構いません。

他の地域の女性がいる場所に行くことで、出会いを増やしましょう。

方法3.自治体主催の街コンに参加する

自治体主催の街コンに参加すると、田舎でも効率的に出会うことができます

この街コンに参加するには、地元の広報やホームページで申し込みをしなければなりません。

自治体主催の街コンのため、参加者は地元の独身男女に限られます。

普段から地元にいても、なかなか顔を合わす機会のない女性との出会いを期待できるでしょう。

方法4.職場で出会いを探す

田舎に住んでいて出会いを探すなら、職場から探す方法もあります。

同じ職場なら、普段から顔を合わせる機会が多いため、恋愛関係に発展するチャンスが多いです。

というのも、女性と一緒にいる時間を持ちやすく、次第に親しくなれます

女性の人となりも仕事をする中で知ることができ、安心して恋愛できるでしょう。

たとえ職場に恋愛できそうな女性がいなくても、他の女性を紹介してくれるかもしれません。

職場の女性と仲良くなっておくと、出会いのチャンスが増えるでしょう。

方法5.お見合いをする

田舎で女性と出会うには、昔からあるお見合いをしましょう

今の田舎でも、仲人や結婚紹介所で女性を紹介もらうのが主流です。

そうなると、地元だけではなく県内まで出会いを求めるようにします。

仲人を頼むなら、職場の上司や親戚の中で発言力のある男性など、知り合いの多そうな年配の方にお願いしましょう。

もし、自分の住む地域に仲人の仕事をしている方がいれば、電話で面談の予約をしてから仲人に依頼しましょう。

仲人を職業にしている方なら、アドバイスを受けながら、お見合いができるため、万全のサポート体制で出会いを探せるでしょう。

方法6.マッチングアプリ

マッチングアプリは田舎在住者にもおすすめの出会い方です。

というのも、アプリによっては、自分の近くに住んでいる人を距離で探すことができるので、出会いのない地方在住者同士でマッチすることができます。

なので、わざわざ他の地域でお見合いをしたり、コミュ力を試される街コンをしたりする必要がありません。

さらに価値観の合う人や趣味の合う人など、自分と近い考え方をしているを絞ってやり取りできるので、タイプの相手と出会いたい方にもおすすめですね。

3.田舎に住む人にマッチングアプリが向いている3つの理由

田舎に住む人にマッチングアプリが向いている3つの理由

ここまで田舎で出会える方法について解説してきました。

田舎でも、効率よく出会うにはマッチングアプリがもっともおすすめです。

マッチングアプリが田舎でも向いている理由は3つあります。

  1. 出会いが全国規模になる
  2. 恋活・婚活に真剣な女性が多い
  3. 恋活や婚活をしていることがバレにくい

都市部からマッチングアプリが浸透し、地方でも会員数を伸ばすようになっています。

時間や場所だけでなく、近所の目を気にせず利用できるため、田舎でマッチングアプリを使うのはおすすめです。

理由1.出会いが全国規模になる

マッチングアプリで出会いを探すために、全国の女性の中から条件を絞ることができます。

そのため、アプリを利用することは自分の好む女性を全国規模で探せることになるでしょう。

そもそも、マッチングアプリの会員数は大手だと数百万人の規模になっています。

アプリによって、女性会員の居住地にばらつきがあっても、大手のアプリなら近隣にいる女性を探せるでしょう。

理由2.恋活・婚活に真剣な女性が多い

マッチングアプリには、恋活や婚活のために利用するため、真剣に出会いを探す女性が多いでしょう。

会員になっている地方在住の女性も、田舎で出会いを求めて利用しています。

マッチングアプリごとに「婚活目的」「真剣な交際目的」「遊び目的」などジャンルが分かれており、目的に合った女性を探せる仕組みです。

自分の目的に合ったマッチングアプリを選べば、真剣に出会いを探すことができます。

理由3.恋活や婚活をしていることがバレにくい

田舎で出会いを探しても、スマホやPCでマッチングアプリで恋活や婚活をしていることはバレにくいです。

田舎の場合、知人に女性の紹介を頼めば、その知人のからご近所さんまであっという間に知られてしまいます

さらに、田舎でお見合いをすれば、すぐに目撃され噂話として広まるかもしれません。

娯楽の少ない田舎だとちょっとした話題でもすぐに広がってしまいます。

その点、スマホで婚活・恋活のできるマッチングアプリだと周りにバレにくいでしょう。

4.田舎に向いているおすすめのマッチングアプリ5選

田舎に向いているおすすめのマッチングアプリ5選

田舎で利用するなら、知名度の高いマッチングアプリが向いています

特に、下記の5つのアプリがおすすめです。

  1. pairs(ペアーズ)
  2. Omiai
  3. タップル誕生
  4. ゼクシィ縁結び
  5. match.com

都市部では、「恋活や婚活のためのアプリ」として定番になっています。

そして、田舎でも出会いのツールと認知され、知名度の高いアプリほど地方在住の会員が増えています

マッチングアプリで、田舎にいながら出会いを探しましょう。

おすすめ1.pairs

ペアーズ

pairsは、会員数1,000万人を誇る国内最大級のマッチングアプリです。

会員数が多いため、田舎でも近隣の女性と出会うチャンスがあります

運営歴 2012年~
会員数 1,000万人(2020年3月時点)
属性 恋活・婚活、20代前半~30代前半
料金(税込) 3,590円/月~
特徴
  • 国内最大の会員数
  • 10万種類以上のコミュニティがある
  • 検索項目が豊富

pairsで出会いを探すのに、条件だけでなくコミュニティと呼ばれる集まりなど、異性をを探す機能も多いです。

コミュニティと呼ばれる集まりが10万種類以上あるため、自分と共通の趣味やライフスタイルから女性を探しましょう。

 

おすすめ2.Omiai

Omiai

Omiaiとは、結婚を視野に入れた恋人探しのできるアプリです。

真剣に出会いを探すなら、Omiaiのマッチングアプリが向いています

運営歴 2012年~
会員数 5000万人(2020年3月時点)
属性 恋活・婚活、20後半~30代前半
料金(税込) 3,980円/月~
特徴
  • 恋愛に真剣な会員が多い
  • 結婚の意思表示をプロフィール項目に表示できる
  • 不誠実な会員を強制退会させる仕組みがある

恋活目的でも、結婚まで見据えて利用している会員が多い傾向です。

また、本人確認とFacebookアカウントの登録が一致しているかどうかを審査しています。

そのため、業者が入りにくい仕組みとなり、安全に利用できるでしょう。

婚活ほど堅苦しくならずに出会いを探せるため、初心者でも利用しやすいです。

おすすめ3.タップル誕生

タップル誕生

タップル誕生とは、趣味でつながったり、気軽に出会える仕組みのあるアプリです。

気軽な出会いを求めるなら、タッブル誕生が利用しやすいでしょう。

運営歴 2014年~
会員数 500万人(2020年3月時点)
属性 恋活、10代後半~20代前半
料金(税込) 3,700円/月~
特徴
  • 気軽に恋人を作りたい人に向いている
  • 「フリック機能」で女性を直感で探せる
  • マッチング前に出会える機能がある

条件検索や趣味のコミュニティから女性を探すだけでなく、すぐに出会える機能があります。

「みんなでおでかけ」という機能があり、二人以上の会員とやり取りをして直接会うことができます。

フットワークの軽い男性なら、田舎でも気軽に出会える機能で女性と出会えるでしょう。

おすすめ4.ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、真剣に結婚を考えている女性と出会えるマッチングアプリです。

結婚情報誌を発行しているゼクシィのノウハウがあるため、婚活としての機能が充実しています。

運営歴 2015年~
会員数 110万人(2020年3月時点)
属性 婚活、30代前半~40代後半
料金(税込) 4,298円/月~
特徴
  • ほとんどの会員が真剣に婚活している
  • 「お見合いコンシェルジュ」でデートの調整を代行してくれる
  • 価値観診断や学習機能で好みの女性をおすすめしてくれる

特に、「お見合いコンシェルジュ」の機能は、女性と出会うまでの段取りの代行が可能です

デートの行き先や待ち合わせ場所など、より良いプランを提案してくれるでしょう。

おすすめ5.match.com

machi.comとは、アメリカ発祥のマッチングアプリで世界各国で利用されています。

外国人との出会いを探すなら、match.comがおすすめです。

運営歴 1993年~(創業)、2007年~(日本法人)
会員数 250万人(2020年3月時点)
属性 恋活・婚活、30代前半~40代後半
料金(税込) 3,980円/月~
特徴
  • 25ヶ国でサービスを展開している
  • 国内の婚活アプリ最大手
  • 外国人と出会える

match.comは、世界最大級のマッチングアプリで25ヶ国で利用されています。

もちろん、外国人だけでなく日本人との出会いにもおすすめです。

match.comで真剣に利用している会員が多くいるため、田舎でも出会いのチャンスがあります。

5.田舎でマッチングアプリを使って出会うためのコツ

田舎でマッチングアプリを使って出会うためのコツ

田舎でマッチングアプリを使うなら、出会いの幅を広げて探しましょう

田舎で上手にマッチングアプリ使う場合、3つの利用法が向いています。

  1. 運営歴2年以上で会員数の多いアプリを選ぶ
  2. 複数のマッチングアプリを併用する
  3. 検索条件を絞りすぎない

田舎でマッチングアプリから女性を探すには、条件をあまり絞らずに出会いを増やしましょう。

マッチングアプリの選び方や上手な検索をすれば、出会いの確率が高まります。

コツ1.運営歴2年以上で会員数の多いアプリを選ぶ

田舎でマッチングアプリを利用するなら、運営歴2年以上で会員数の多いアプリを選びましょう

運営歴が2年以上になると、都市部から地方までマッチングアプリが認知されるようになるからです。

また、会員数の多いアプリを利用すれば、出会いのチャンスが格段に増えるでしょう。

会員数の多いアプリほど、比例して田舎の会員数も多くなります。

コツ2.複数のマッチングアプリを併用する

田舎で出会いを探すなら、複数のマッチングアプリを併用して、出会いを増やしましょう

出会いが多いほど、より自分に合った女性を見つけることができます。

会員数の多いアプリはもちろん、会員の年齢層や自分の目的に合わせて併用しましょう。

ただし、男性だとほとんどのマッチングアプリで4,000円前後の月会費がかかります。

自分に合ったアプリかどうかを確かめてから、会員登録をしましょう。

コツ3.検索条件を絞りすぎない

「理想の女性と出会いたい」と思っても、検索条件を絞りすぎないようにしましょう。

田舎になると、居住地からの距離・年齢・趣味など、検索条件を絞るほど当てはまる女性は少なくなります。

  • 〇〇県は、××地方や△△地方に範囲を広げる
  • 20歳~40歳くらいの年齢にする
  • サッカーが趣味は、スポーツが好き

いくらマッチングアプリの会員数が多くても、自分の出会える範囲にいる女性は決して多くありません。

条件を大まかにすることで、女性と出会いやすくすることを優先しましょう。

まとめ

田舎で女性と出会うには、「自分から出会いの場へ行く」ようにしましょう。

地元に限定せず他の市町村や全国規模で探すと、出会いの機会が増えます。

女性と出会うのに、地方在住者ならではの場所へ行くことや、マッチングアプリを利用するのがおすすめです。

「田舎だから」と諦めずに積極的に行動して、素敵な女性と出会いましょう。