初デートで「キス」はアリ?ナシ?女性の本音と失敗しないコツまで解説!

年上女性を落とす方法

「初デートでキスってしても良いのかな」なんてお悩みではないでしょうか?

女性側がOKであれば、ぜひとも初デートでキスして距離を縮めたいですよね。

しかし結論から言うと、「初デートではキスしたくない」という女性が多いため、くれぐれも注意してください。

今回は、初デートでのキスがアリかナシかを見分ける方法や、デート中の初キスで失敗しないためのコツを紹介します。

女性が思う理想の初デートやNG行動も押さえて、初デートで女性に好印象を与えましょう。

1. 初デートではキスを控えるべき!女性の本音とは?

はじめに結論から言うと、初デートでは基本的にキスは控えておきましょう。

なぜなら、「初デートではキスしたくない」女性が多いためです。

多くの女性は、初デートでのキスについて、以下の3つの本音を持っています。

  1. 心の準備ができていない
  2. 付き合っていない男性とキスしたくない
  3. 軽い女に思われたくない

これら3つの本音を押さえておき、初デートで無理やりキスするのはやめておくべきです。

それでは、それぞれの本音を順番に見ていきましょう。

本音1. 心の準備ができていない

初デートのキスにまつわる女性の本音1つ目は、心の準備ができていないことです。

男性経験が少ない女性ほど、初デートではキスする心の準備ができていません。

また、初デートの段階では、まだ相手男性との心の距離が測れていない女性も多くいます。

心の準備ができていない初デートで無理やりキスすれば、悪い印象を与えてしまうはずです。

場合によっては、芽生えかけていた恋愛感情が崩れてしまうこともあります。

相手女性とマジメに交際していきたいなら、初デートでのキスは我慢してください。

本音2. 付き合っていない男性とキスしたくない

初デートのキスにまつわる女性の本音2つ目は、付き合っていない男性とキスしたくないことです。

マジメな恋愛観を持っている女性ほど、交際前の男性とのキスを嫌がります。

キスするのは、交際が始まってからにしたいと思っているのです。

したがって、交際前の初デートでは、無理やりキスを求めないようにしてください。

きちんと告白をして、交際が始まってからキスを求めましょう。

本音3. 軽い女に思われたくない

初デートのキスにまつわる女性の本音3つ目は、軽い女に思われたくないことです。

すぐにキスに応じることで、男性から軽い女に思われることを恐れています。

つまり、「しっかりお付き合いしてからキスしたい」という思いの表れでもあるのです。

相手女性とのマジメな恋愛を考えているなら、交際前の初デートでキスしないでください。

2.初デートでキスがアリかナシかを見分ける方法!

ここまで読んで、初デートのキスを慎重に考えるようになったと思います。

しかし、少数ですが、初デートでのキスがOKという女性もいるのも事実。

初デートでキスがアリかナシかを見分ける方法は、以下の2つです。

  1. 女性との距離感を測る
  2. ボディタッチしたときの反応を見る

これら2つの見分け方を知っておいて、初デート中に実践してみてください。

それでは、それぞれの見分け方を順番に見ていきましょう。

方法1. 女性との距離感を測る

初デートでキスがアリかナシかを見分ける1つ目の方法は、女性との距離感を測ることです。

初デートで女性との距離感が近いと感じたら、高い確率でキスしてもOKと言えます。

具体的には、初デート中に「身体と身体の距離が近い」「よく目を見つめられる」といったことがあれば、キスしても良いでしょう。

反対に「近づくと離れる」「目を見つめるとそらされる」ならば、キスは控えておいてください。

方法2. ボディタッチしたときの反応を見る

初デートでキスがアリかナシかを見分ける2つ目の方法は、ボディタッチしたときの反応を見ることです。

初デート中、頭や肩などにボディタッチしたときに嫌がる様子がないなら、高い確率でキスしてもOKと言えます。

また、ボディタッチだけでなく、手を繋いだときの反応を見るのも良いです。

ちなみに、相手女性からボディタッチされる場合でも、キスのOKサインと言えるでしょう。

その一方で、「ボディタッチをすると離れていく」「ボディタッチを嫌がっている感じがある」場合には、初デートでのキスは控えておくべきです。

3. 確実なのは初デート後!キスは告白してからにしよう

より確実に女性に良い印象を与えたいなら、初デート後に告白にOKを貰ってからキスしてください。

交際後のキスであれば、女性側も心の準備ができ、軽い女であると思われる心配もないので、積極的にキスできます。

男性が女性に告白する場合には、「知り合って2ヶ月前後」を目安に勝負をかけると良いでしょう。

なぜなら、知り合ってからの短期間のうちに、目の前の男性が恋愛対象かどうかを判断する女性が多いためです。

しかし、早すぎるタイミングで告白しても遊び半分であることが疑われます。

したがって、ちょうど良い2ヶ月前後の告白がベストなのです。

初デート以降にキスする際の場所は?

ちなみに、「そもそもどこでキスすれば良いの?」と疑問に思いますよね。

初デート以降にキスする際の場所として最適なのは、以下の3つです。

  1. 夜景の見えるところ
  2. 車の中
  3. 観覧車

これら3つの場所を押さえて、初デートのプランに取り入れるとスムーズにキスできます。

それでは、それぞれの場所を順番に見ていきましょう。

キスする場所1. 夜景の見えるところ

初デート以降は、夜景の見えるところでキスするのがおすすめです。

多くの女性は、キスする際にロマンチックな雰囲気を求めます。

そのため、夜景の見えるところでキスすると、女性の理想を叶えてあげられるのです。

初めてのキスは、夜景を見せて雰囲気を演出すると相手女性に強く印象付けられるでしょう。

キスする場所2. 車の中

初デート以降は、車の中でキスするのも良いでしょう。

車の中はプライベート空間なので、外よりも気持ちが開放的になります。

そのため、恥ずかしがり屋な彼女とのキスにもおすすめです。

ただし、車内であっても外からは目立つので、キスする際には人気のない場所に駐車してください。

キスする場所3. 観覧車

初デート以降は、観覧車でするキスも盛り上がります。

観覧車は、2人きりになれるプライベートな空間です。

活用すれば、遊園地デートの際、自然な流れでキスできます。

また、「観覧車が1番上に来たタイミングでキスしたい」と思っているロマンチックな女の子は少なくありません。

夜景の見える時間に利用して、ロマンチックな雰囲気を演出してあげれば、より印象的なキスとなるでしょう。

4. デートで初キス!失敗しないコツまとめ

ここまで読んで、まずは告白してOKを貰ってからキスしたくなったと思います。

ちなみに、何も準備をしないで、デート中に初キスを仕掛けようとすると失敗しがちなので気をつけなければなりません。

デート中の初キスで失敗しないためのコツは、以下の5つです。

  1. あらかじめ口臭のケアをしておく
  2. キスできる場所を確保しておく
  3. 好きであることやキスしたい気持ちを伝える
  4. 軽めに唇を重ねる
  5. 初キス後は女性の目を見て微笑む

これら5つのコツを事前に知っておいて、デート中の初キスに役立ててください。

それでは、それぞれのコツを順番に見ていきましょう。

コツ1. あらかじめ口臭のケアをしておく

デート中の初キスで失敗しない1つ目のコツは、あらかじめ口臭のケアをしておくことです。

自分自身では気づきにくいですが、他人の口臭は気になるもの。

キスする際には、あらかじめガムや歯磨きで口臭をケアしておきましょう。

どちらかと言えば、歯に付いているものもチェックできる歯磨きがおすすめです。

コツ2. キスできる場所を確保しておく

デート中の初キスで失敗しない2つ目のコツは、キスできる場所を確保しておくことです。

前述した「初デート以降にキスする場所」の中から、自分にぴったりのものを選ぶのが良いでしょう。

彼女との初めてのキスであれば、夜景が見えるところを用意して、なるべくロマンチックな雰囲気を出すべきです。

そのため、キスをしかけるタイミングは、デートの終盤である夜の時間帯をおすすめします。

場所と時間を決めてしっかりと予定を組んでおけば、彼女にも良い印象を与えられるはずです。

コツ3. 好きであることやキスしたい気持ちを伝える

デート中の初キスで失敗しない3つ目のコツは、好きであることやキスしたい気持ちを伝えることです。

突然キスを求めてしまうと、ビックリしてしまう女性が少なくありません。

キスする雰囲気を作るためにも、好きであることやキスしたい気持ちを言葉で伝えることが大切です。

愛の言葉を聞かせることで、相手女性に「キスしたい」と思わせる効果もあります。

「キスの前にはムード作りが大切」であることを覚えておいてください。

コツ4. 軽めに唇を重ねる

デート中の初キスで失敗しない4つ目のコツは、軽めに唇を重ねることです。

唇を重ねる際は、お互いの鼻頭が当たらないよう、頭を少し傾けてゆっくりと近づきましょう。

無事に唇を重ねた後は、数秒間キスしてから、唇を離してください。

なお、キスしている間は、呼吸は止めておきます。

ちなみに、初キスでは、舌を相手女性の口内に入れるディープキスは控えおくべきです。

いきなりのディープキスは女性を驚かせる可能性が少なくありません。

ディープキスをしたい場合には、初キス以後のキスで相手女性の出方を伺いながら、少しずつ舌を入れることをおすすめします。

コツ5. 初キス後は女性の目を見て微笑む

デート中の初キスで失敗しない5つ目のコツは、初キス後は女性の目を見て微笑むことです。

キスは、愛情表現の1つの方法と言えます。

そのため、キスした直後に素っ気なくしていては、相手女性の気分も冷めてしまうものです。

相手女性を愛しているなら、キス後もしっかりと愛情を表現してください。

女性の目を見て微笑むことで、初キスでの「愛情」や「喜び」を相手女性に伝えられます。

キスをし終えてからの行動も気を抜かずに行うのが良いでしょう。

5. キスしないならどうすべき?初デートで女性が求める5つのこと

ここまで読んで実践できれば、デート中の初キスで相手女性をメロメロにできるはずです。

しかし、初デートを控える男性は、キスにまつわる事の他に、女性の理想とするデートを知っておく必要があるのです。

「キスはまだダメ」という願望の他に、多くの女性は以下の5つを初デートで求めています。

  1. 会話に沈黙を作らないようにしてほしい
  2. 次のお店にスムーズに移動してほしい
  3. さりげなく次回のデートに誘ってほしい
  4. 自分との共通点を教えてほしい
  5. デート代はおごってほしい

これら5つの理想を知っておいて、できる限り初デートでの理想を叶えてあげてください。

それでは、それぞれの理想を順番に見ていきましょう。

理想1. 会話に沈黙を作らないようにしてほしい

女性が求める初デートの条件1つ目は、会話に沈黙を作らないようにすることです。

女性は、初デートに盛り上がる会話を期待しています。

そのため、初デート中の会話では、変な沈黙を作らないようにしましょう。

また、話題に迷ったら、趣味や将来の夢や目標など、広げやすい話を振ってみてください。

なお、聞き役に徹して、相手女性の話をメインに話題を広げていくとさらに好印象です。

それとは反対に、自分自身が一方的に話し込んでしまうと、かえって女性に悪い印象を与えかねないので注意しましょう。

理想2. 次のお店にスムーズに移動してほしい

女性が求める初デートの条件2つ目は、次のお店にスムーズに移動することです。

あらかじめ飲食店やバーなどを探して、デートの行き先を決めておくと良いでしょう。

なお、満席だったときの対策として、事前予約や代わりとなるお店を探しておくと良いです。

次のお店に移動するときは、「もう少し一緒にいてくれる?」というようにアプローチすると自然に誘えます。

理想3. さりげなく次回のデートに誘ってほしい

女性が求める初デートの条件3つ目は、さりげなく次回のデートに誘うことです。

ぎこちなかったり、無理やり誘われると、次回のデートに慎重になる女性も少なくありません。

さりげなく誘うためには、女性が会話で話した内容を覚えておきましょう。

大切なのは、会話中に女性が何気なく言った言葉を覚えておくことです。

そして、女性の何気ない言葉を材料にして、終盤でさりげなく次回のデートに誘ってください。

自然に次回のデートに繋げることで、女性により好印象を与えられます。

理想4. 自分との共通点を教えてほしい

女性が求める初デートの条件4つ目は、自分との共通点を教えられることです。

共通点をアピールすることで、好感度が上がりできるだけ一緒にいたいという感覚が生まれます。

これは、フランスにある南ブルターニュ大学の研究によって明らかになったことです。

小さな共通点でも、アピールすることで、一緒にいる時間を自然と増やすことに繋がります。

一緒にいる時間が増えれば、新たな共通点が生まれたり、恋愛に発展する可能性も高まるのです。

女性との親密度を深めたい男性は、初デートで共通点をアピールしてください。

理想5. デート代はおごってほしい

女性が求める初デートの条件5つ目は、デート代を奢ってもらうことです。

「女性は生活能力の高い男性をより好む」ことがアメリカにあるセントフランシス大学の研究によって分かっています。

そのため、自信の生活能力をアピールするためにも、初デートの支払いは全て持ってあげると良いでしょう。

できる範囲で構わないので、手早く支払いを済ませておいてください。

これにより、女性の理想とする初デートを演出できます。

6. キス以外にも!初デートにまつわる3つのNG行動とは?

ここまで読んで実践すれば、初デートの理想を叶えて女性から良い印象を持ってもらえます。

ところが、初デートではNGとされている行動もあり、あわせて知っておかなければなりません。

キス以外に、多くの女性が初デートでしてほしくないNG行動は、以下の3つです。

  1. 腰や胸にボディタッチする
  2. 下ネタや過去の恋愛について話す
  3. 女性の外見のみを褒める

これら3つのNG行動を見ておき、初デート中に控えるようにしてください。

それでは、それぞれのNG行動を順番に見ていきましょう。

NG行動1. 腰や胸にボディタッチする

多くの女性が初デートでしてほしくないNG行動の1つ目が、腰や胸にボディタッチすることです。

腰や胸に触れることで、女性に強い警戒心や不快感を与えてしまいます。

そのため、初デートで悪い印象を与えて、恋愛に発展しなくなるおそれもあるのです。

キスを初デートにできそうにないとき、どうにかして距離を縮めようとボディタッチしたくなる男性も少なくありません。

面識の浅い女性に警戒心を与えないためには、二の腕にボディタッチすると良いでしょう。

ボディタッチのタイミングとしては、エスコートする際に後ろから二の腕に触れるのが自然です。

自然にボディタッチができれば、むしろ相手に好印象を与えられるので、狙ってみてください。

NG行動2. 下ネタや過去の恋愛について話す

多くの女性が初デートでしてほしくないNG行動の2つ目は、下ネタや過去の恋愛について話すことです。

下ネタや過去の恋愛という話題は、親密度が高まっていない関係性で話すことで、相手からの好感度を下げてしまいます。

とりわけ下ネタを話してしまうと、今後は相手女性から「カッコいい」と思ってもらう機会を失ってしまうのです。

つまり、相手女性の恋愛対象から外されてしまう話題であることを覚えておいてください。

キスができるかどうかを確かめるために、軽めの下ネタを振ってみようと考える男性もいるのは事実です。

しかし、交際が始まり信頼が高まっている状況でない限りは、話題に出さないようにしましょう。

NG行動3. 女性の外見のみを褒める

多くの女性が初デートでしてほしくないNG行動の3つ目は、女性の外見のみを褒めることです。

面識の浅い初デートでは、女性の外見のみを褒めてしまうと「表面で女性を判断する人」だと思われてしまいます。

初デートで女性に好印象を与えたいなら、外見ではなく内面を褒めてください。

なお、褒めるときにはストレートな言葉を使うことは避けましょう。

相手女性から、「知的ではない」と判断されかねないためです。

つまり、女性の内面を豊富なボキャブラリーで褒めることが効果的とされています。

具体的には、「行動」や「考え方」に共感して褒めると好印象です。

まとめ

この記事では、初デートでのキスがアリかナシか見分ける方法を紹介しました。

しかし、初デートでのキスは基本的にナシなので、女性に無理やり迫るのはやめましょう。

なお、キス以外にも男性が控えておくべき行動が3つあります。

初デートでは紹介した3つの行動を控え、女性から好印象を持ってもらうことで、交際やキスに繋げてください。