デートは何時から始める?彼女の心を掴むためにオススメの時間【シーン別】

デートに誘いたいけど何時から予定を組めば良いのか分からず悩んでいますね。

デートの時間は、平日か休日かや、デートの内容によって大きく変わります

平日は学校や仕事などがあることが多いため、デートできる時間が限られるのです。

そこで、平日と休日ごとに、何時からのデートがベストな時間なのかを解説します。

さらに、彼女とスムーズにデートをするためのテクニックもご紹介!

ベストなデートの時間を知って、彼女とのデートを楽しみましょう。

1.彼女と平日に会いたい!夜のデートにオススメの時間

普段は学校や仕事があっても、平日にデートをするのに向いている時間があります

平日のデートの時間とシーンは、下記がオススメです。

  1. ディナーのみで18時
  2. イベント参加で17時
  3. 支度に余裕を持たせて19時

デートの時間は、二人で何をするかによって一緒に過ごせる時間も変わるでしょう。

そこで、デートのシーンとともに、オススメの開始時間をそれぞれチェックしましょう。

オススメ1.ディナーのみで18時

講義や仕事などの後、ディナーのみのデートをするなら、18時から始めましょう

女性は、彼氏と待ち合わせの時間までに、軽くメイクを直してからデートに臨むことが多いです。

最低限の身支度をする時間を確保するために、デートの開始時間に余裕を持たせてください

ディナーなら2~3時間以内に終わるため、翌日に疲れを残さないよう早めに解散するようにしましょう。

オススメ2.イベント参加で17時

季節ごとにあるイベントに参加する場合は、早めの17時からデートをしましょう

季節ごとにあるイベントは下記を参考にしてください。

    • 春 お花見やピクニックなど
    • 夏 夏祭りや花火大会など
    • 秋 紅葉狩りやハロウィンなど
    • 冬 クリスマスやイルミネーションなど

混雑を避けるために、デートの開始時間を早めるようにしましょう。

デートに誘う時は、仕事や学校の授業の時間を確認してから、待ち合わせ時間を決めます。

必要であれば、事前にチケットを入手しておき、スムーズに参加できるように準備をしましょう。

オススメ3.支度に余裕を持たせて19時

学校や仕事などが終わってから、支度に余裕を持たせて19時からデートをしましょう

学校や仕事からデート仕様に切り替えるために、メイク・髪型・服装を変えたいと考える女性も中に入ることを考慮しておきましょう。

19時からの時間であれば、居酒屋やバーなどお酒も飲める場所にも行けます。

彼女の支度のために19時からデートをすることで、夜遅くまで一緒にいられるでしょう。

2.休日は張り切る?シーン別デートにオススメな時間

土日などの休日になると、デートの時間は平日よりも多くなり、デートのバリエーションを増やせます。

デートの内容によって何時に待ち合わせるべきかを変えていくべきです。

  1. ランチデートは11時30分
  2. カフェでのんびりなら15時
  3. 事前準備でディナーをする18時
  4. アクティブデートで9時

休日であれば女性も余裕を持って支度をすることができ、さらにデート時間も長くできます。

それでは、シーン別デートにオススメの時間を詳しく見ていきましょう。

オススメ1.ランチデートは11時30分

ランチの時間帯なら、11時30分からデートをすることがオススメです。

午前中はゆっくりしたり、他の用事を済ませるなど、デート前に時間の余裕があります。

また、12時よりも少し早めにデートをすることで、お店が混雑する前にランチができるのです。

「この後はどうする?」と、次のデートプランを相談しながらランチ中に会話が弾むでしょう。

オススメ2.カフェでのんびりなら15時

ランチはそれぞれで済ませ、15時にティータイムにカフェでのんびり過ごします

15時に待ち合わせであれば、他の予定をこなしたり、朝の時間をゆっくり過ごすことが可能です。

ティータイムをカフェで過ごすなら、彼女が喜びそうなスイーツや飲み物などがあるところがオススメです

女性の多くは、甘い食べ物が大好きなため、スイーツに目がありません。

カフェ選びが成功すれば、その後のデートでも盛り上がるでしょう。

オススメ3.事前準備でディナーをする18時

デートが夜だけの場合、事前に行きたいお店をに予約し、18時からディナーを始めましょう

ディナーの時間が早くなれば、夜だけのデートでも彼女と長く一緒にいることができます。

人気のお店なら、混雑するため予約は必須です。

ディナーするなら、個室や仕切りなどで二人きりになれて、ムードのあるお店を選びましょう

オススメ4.アクティブデートで9時

テーマパークや山登りなど、アクティブなデートをするなら、午前9時から始めましょう

郊外まで運転するなら、交通渋滞も考慮して午前中には出発する必要があります。

アクティブなデートは、一日中楽しめることが多くあるでしょう。

行き先によっては、必要になるものは事前に入手し、準備を怠らないようにしてください。

当日に備えて体調を整え、無理せずデートを楽しみましょう。

3.スムーズにデートをするための心理テクニック

彼女と揉めることなくスムーズにデートをするには、女性心理や行動について考慮する必要があります。

彼女とデートをするためには、3つの心理テクニックを使いましょう。

  1. 女性の支度は時間がかかることを考慮する
  2. デートの時間を勝手に決めない
  3. 彼女の意見を聞きつつスムーズに決める

デートを何時からしようかと考える前に、彼女がどう思っているかを知らなければなりません

そこで、デートをスムーズにするための心理テクニックを知って、彼女に楽しんでもらえるようなデートをしましょう。

テク1.女性の支度は時間がかかることを考慮する

デートすることを考える前に、女性の支度は男性よりも時間がかかる事を考慮しましょう

男性の身支度は、髭剃りと髪の毛をワックスでセットするだけで済みます。

しかし、女性の支度には、メイクをするための時間が必要です

洋服を選んだりメイクをしたり、髪の毛を整えるために、女性はデートをする1時間前から支度をしなければなりません。

彼女が「少しでも彼にかわいいと思ってもらいたい」ために、努力してくれることに感謝の気持ちを伝えましょう。

デートで彼女を見てすぐに「かわいいね」と言うと、彼女は「頑張ってかわいくなって良かった」と喜びます。

テク2.デートの時間を勝手に決めない

彼女とデートをするのに、デートの時間を勝手に決めないようにしましょう

男らしくビシッと決めたいと思っていても、彼女からすれば自己中に見えてしまいます。

実は、男性の想像力は女性と比べて低いため、知らない場所でどうやって過ごすかをイメージし辛いのです。

「今度のデート〇時からするのはどうかな?」と彼女に提案し、相手の都合を考えて行動しましょう

もし、デートの時間を確実に決めたいなら、その時間である理由を述べるとスムーズに決めることができます。

テク3.彼女の意見を聞きつつスムーズに決める

デートプランは、彼女に聞きつつ、男性としてスムーズに決めましょう

女性は、男性からデートに誘われたいとの思いと最後に決断してもらいたいと思っています。

つまり、責任を取りたくないが、デートのプランは自分で決めたいのです。

男性がデートプランを決めると、保守的な傾向になり、いつもの場所でデートをしがちです。

女性の場合は、オシャレなカフェやイベントなど、行ったことのないデートプランを提案できます。

デートプランは彼女に任せ、「そこに行こうか」と決断すれば、スムーズにデートができるでしょう。

まとめ

デートをする時間は、平日か休日かや、デートの内容によって大きく変わることを考慮して決めましょう。

平日の場合、学校や仕事などがあることが多いため、デートできる時間が限られるのです。

休日でも、お互いの空いている予定を確認しながら、デートの時間を決めなければなりません。

また、スムーズにデートをするためには、彼女としっかり相談しましょう。

お互いにとってベストな時間にデートをすることで、彼女と楽しく過ごせるようになります。