デートの会話は”雑談”から!必ず盛り上げる3つの心理的テクを紹介

心理学を利用して盛り上がる会話を!デートが成功する秘訣とは?

「デートの会話は何を話せば良いか分からない!でも好印象を残したい…」と悩んでいませんか。

せっかく気になる女性とデートができても、会話が盛り上がらなかったら辛いですよね。

初めてのデートでは、好印象を残して次につなげることが大切。

二人の距離が縮めるためには、会話に心理テクニックを取り入れることをおすすめします。

そこで今回は、二人の距離が縮まる会話の心理テクニックや会話に役立つ準備内容をご紹介!

気になる女性との会話を盛り上げて、次につながるデートをしましょう。

1.デートで会話を弾ませるための下準備

デートで会話を弾ませるための下準備

初めてのデートでは、会話を弾ませるための下準備が必要です。

あらかじめ準備しておくことで、落ち着いて会話をすることができます。

丸腰で行っても、あなたの良さを引き出すことは難しいです。

お互いのことをよく知らない状態で、デートに向かうのは控えましょう。

会話を弾ませるための下準備は以下の2つです。

  1. テキストメッセージで仲を深めよう
  2. 相手の基本情報と付随する情報を収集しておく

それぞれ確認しましょう。

下準備1.テキストメッセージで仲を深めよう

テキストメッセージで仲を深めよう

初デートまでの間は、LINEなどのテキストメッセージで仲を深めましょう。

実は、対面のコミュニケーションよりもテキストメッセージの方が仲が深まりやすいことが分かっています。

面と向かってやり取りをすると、相手の立場やリアクションを見て、空気を読んでしまいがちになるからです。

一方でテキストメッセージは相手が見えないので、プライベートな話がしやすくなります。

そのため、テキストメッセージでのやり取りは、二人の仲を深めるのに最適なツールです。

しっかりと二人の仲を深めるには2つのコツがあります。

  1. 最低でも二週間に一度はやり取りすること
  2. やり取りした内容は覚えておく

それぞれ詳しくみていきましょう。

①最低でも2週間に1度はやり取りすること

テキストメッセージのやり取りは、最低でも2週間に1度はやり取りしましょう。

頻度の理想は、多いほど良いと言われています。

なぜなら、人は関わる回数が多いほど相手に好意を抱きやすくなるからです。

この心理のことをザイオンス効果と言います。

しかし、忙しい女性の場合は、連絡の頻度が多いと負担になってしまいます。

相手の返信速度に合わせて、連絡の回数を調整することが大切です。

例えば、女性からの返信が連絡してから1時間後なら、すぐに返信するのではなく30分以上開けてから連絡するようにしましょう。

しかし二週間以上空くと、前回やり取りした時の感情を忘れてしまうので、最低でも二週間に一度は連絡するように心がけてください。

②内容を覚えておく

やり取りした内容を覚えておきましょう。

デート前に見返しておくと、尚良いです。

この行為は、デート中にテキストメッセージの内容を蒸し返すためではありません。

心理テクニックである、リーディングを利用します。

リーディングとは、相手の情報を収集しつつも、その素振りは見せずにあなたが女性の性格を理解したように見せていく技術です。

あらかじめテキストメッセージでやり取りした内容を分析して、女性がどんな価値観を持っているのか仮設を立てておきます。

実際に会ってみて自分の仮説が当たっていたら、デート中に折を見て指摘しましょう。

例えばテキストメッセージで、バイトリーダーで頼まれごとは断れないという内容を送ってきたとします。

デート中に再びバイトの話になったら、このように指摘しましょう。

「〇〇ちゃんは優しくて面倒見が良いから、人望が厚いんだね。」

リーディングでは、ポジティブな分析を伝えることが大切です。

テキストメッセージの内容を覚えて分析することで、女性の理解者ポジションを確立できます。

下準備2.相手の基本情報と付随する情報を収集しておく

相手の基本情報と付随する情報を収集しておく

女性の基本情報と付随する情報は、事前に集めておきましょう。

なぜなら、事前に情報収集しておくことで会話が途切れないようにできるからです。

例えば、女性の出身地が福井県だったとします。

元々、福井県に縁がある人であれば、福井県について話を深く広げることができるでしょう。

しかし、全く知識がなければ「出身地は福井です」「そうなんですか」で終わってしまいます。

女性のSNSを確認して、基本情報と話を広げられそうな情報を仕入れておくと良いでしょう。

しかしあくまでも、会話を広げるために情報収集しているのです。

女性について調べたことは、言わないようにしましょう。

悟られるようなことも言うべきではありません。

女性の情報は知らない前提で会話を広げていきましょう。

2.デート中の会話に困らないネタとおすすめの順番

デート中の会話に困らないネタとおすすめの順番

ここからは、デート中の会話のネタについて見ていきましょう。

二人の仲が深めるデートに使える、おすすめの会話ネタがあります。

おすすめの会話ネタは、やみくもに話題に出せば良いわけではありません。

話題に出す順番があるのです。

最初は雑談から初めて、徐々に内面に迫る話題に持っていきましょう。

最初から踏み込んだ話題をすると、女性に警戒されていまいます。

デート中におすすめの会話の進め方は3つです。

  1. デートの序盤は雑談程度の会話にしよう
  2. 慣れてきたらお互いの話をしよう
  3. よりパーソナルな会話に踏み込もう

それぞれ確認しましょう。

STEP1.デートの序盤は雑談程度の会話にしよう

デートの序盤は雑談程度の会話にしよう

デートが始まって間もない時は、雑談程度の会話にしておきましょう。

最初からフルスロットルでプライベートな話をしても良い結果は得られません。

雑談をして、場をあたためましょう。

雑談におすすめの会話のネタは、4つです。

  1. 好きな食べ物の話
  2. お互いの趣味の話
  3. 旅行の話
  4. 話題のスポットの話

それぞれ詳しく見ていきましょう。

雑談1.好きな食べ物の話

緊張をほぐすためにおすすめの雑談が、好きな食べ物の話です。

誰でも好きな食べ物は存在していますし、お互いの好きなものが一緒だと盛り上がることができます。

次のデートを誘う口実に使うことも可能です。

好きな食べ物の流れで、嫌いな食べ物の話をするのも良いでしょう。

雑談2.お互いの趣味の話

お互いのことを知るのに手っ取り早いのが、趣味の話をすることです。

趣味の話から、その女性の人となりが表れてきます。

女性の趣味が、あなたに縁のない趣味でも興味を持って聞きましょう。

事前に趣味が分かっていれば、勉強して会話を広げるキッカケにすることができます。

趣味の話をして、女性がどのような人なのか把握しましょう。

雑談3.旅行の話

旅行の話も雑談ではおすすめです。

なぜなら、旅行中の話は相手にも追体験させることができるからです。

女性に追体験させることによって、心理的距離感が縮まります。

お互いが経験した旅行の話ができると、仲が深まるでしょう。

雑談4.話題のスポットの話

会話が止まったり、終わりそうだなと思ったときには、話題のスポットの話がおすすめです。

季節の場所でも良いですし、最近オープンしたお店の話でも良いです。

自分が行ったことのない場所でも良いので、話題のスポットはあらかじめ調べておきましょう。

女性がその話に詳しくなくても、事前に調べた情報を提供すれば会話は繋がります。

話題のスポットの話は、事前に調べておきましょう。

STEP2.慣れてきたらお互いの話をしよう

慣れてきたら自身の話をしよう

お互いの人となりが分かったら、雑談よりも一歩踏み込んだ会話をしましょう。

しかし、一気にディープな会話に飛ぶのは不自然です。

突然深い話を振られても、警戒心を抱いて話をしてくれない女性も多く存在します。

段階を踏むことを意識しましょう。

軽めの身の上話が、丁度いい会話のネタになります。

慣れてきた頃におすすめの話題は3つです。

  1. 出身地・地元の話
  2. 子供の頃の話
  3. 恥ずかしかった話

それぞれ詳しく見ていきましょう。

身の上話1.出身地・地元の話

お互いが慣れてきた頃に、出身地や地元の話をしましょう。

女性の出身地や地元について、事前に調べておくと会話が広がります。

その場所にまつわる話や地元で経験した話などに広げることが可能です。

自分の出身地や地元についても、軽く調べておくと良いですよ。

仮に地元が一緒だったとしても、思い出話に花が咲きます。

出身地・地元の話は、より深い話へのキッカケにもなるのでおすすめです。

身の上話2.子供の頃の話

出身地・地元の話から子供の頃の話にスライドしていきましょう。

お互いに幼少期の話をすることで、心理的距離感を縮めることができます。

幼少期の頃のエピソードは、笑える話を用意しておくと良いでしょう。

また、今のあなたとは正反対のエピソードを披露すると、ギャップで会話が盛り上がること間違いなし。

子供の頃の話をする時は、先にあなたのエピソードを話しましょう。

その後に女性に振ると、色々なエピソードを聞くことができます。

子供の頃の話をして、心理的距離感を縮めましょう。

身の上話3.恥ずかしかった話

子供の頃の話に関連して、恥ずかしかった話も慣れてきた頃におすすめのネタです。

恥ずかしかった話は、笑える話題がおすすめ。

すぐに恥ずかしかった話が思いつかない場合は、あるあるネタを披露するのでも良いでしょう。

例えば、このようにエピソードを披露します。

男:「コンビニでレジに並んでたら、前の人が商品を持たずに出ていこうとして、店員と俺で追いかけたんだ!でもそれ、俺もやっちゃうんだよねーしかも割と頻繁。〇〇ちゃんは経験ない?」

エピソードを披露した後は、女性に話を振るのを忘れずに。

女性側のあるあるネタや、おもしろエピソードを披露してくれるでしょう。

人は、隙のある人に親近感を抱く傾向があります。

ちょっとした脱力ネタを提供して、二人の距離を縮めましょう。

STEP3.よりパーソナルな会話に踏み込もう

よりパーソナルな会話に踏み込もう

お互いの内面に軽く触れるような話題ができるようになったら、より深い話をするのがおすすめです。

慣れていない状態のデートでは、前向きな話が良いでしょう。

よりパーソナルな会話をするためには、まずあなたから自分の話をしてください。

これを自己開示と言います。

自己開示をすることで、女性側は自身の情報を提供しようという心理が働くのです。

この効果を自己開示の返報性と言います。

仲を深めるためには、お互いが自己開示していくことが大切です。

自己開示をしながら、女性との親密度をあげていきましょう。

よりパーソナルな会話におすすめのネタは3つです。

  1. 将来の目標・夢
  2. 自分の弱点や苦手なことを克服しようとしている話
  3. 人生で一番楽しかった・幸せだった話

それぞれ確認しましょう。

深い話1.将来の目標・夢

よりパーソナルな話題に持っていくためにおすすめなのが、将来の目標・夢です。

スケールの大きな目標・夢がなくても、気にしないでください。

直近の目標でも十分です。

例えば、「次のTOEICでは700点超えたくて勉強している話」や「映画鑑賞が趣味で配給会社のバイトの面接を受ける予定」という話で構いません。

前向きに頑張っている印象を与えましょう。

将来の目標・夢を二人で語り合って、二人の親密度を高めましょう。

深い話2.自分の弱点や苦手なことを克服しようとしている話

自分の弱みを披露することは、心理的距離が縮む会話ネタです。

深刻な話ではなく、笑い飛ばせる程度の弱みや苦手なことにしましょう。

このくらい程度の話を披露しましょう。

「実は俺泳げないんだけどさ、バイト仲間と海に行くからYouTubeで泳ぎ方講座観てるの!」

このような、たわいもない話で構いません。

大事なことは、自分の弱みを見せて親近感を抱かせることです。

自分の話をした後は、女性の弱点や苦手なことを聞いてみましょう。

一気に親密度が上がるのが分かるでしょう。

また、女性の意外な一面に、驚くかもしれません。

深い話3.人生で一番楽しかった・幸せだった話

人生で一番の経験を会話のネタにしましょう。

かなりパーソナルな会話のネタですが、今までの流れを踏んで話題にすれば自然に受け入れてくれます。

「人生で一番」となると、エピソードがポンポン出てくるわけではないので、あらかじめ考えておきましょう。

まずは自己開示してから女性に話を振るのが鉄則ですが、すぐに答えられない女性も出てきます。

その場合は、「そっか!じゃ考えておいて!いつか聞かせてよ。」と伝え、違う話題に移りましょう。

女性のエピソードを聞けないことは残念ですが、確実にあなたへの親近感はアップしているので気に留める必要はありません。

「人生で一番」という自分自身の本質に迫った会話をして、仲を深めましょう。

3.デート中の会話が盛り上がる心理テクニック

デート中の会話が盛り上がる心理テクニック

デート中におすすめなネタを確認したら、会話が盛り上がるテクニックを確認しましょう。

ネタが良くても、上手く会話を広げられなければ盛り上がりません。

盛り上がる心理テクニックは3つです。

  1. ペーシングを意識しよう
  2. 会話の比率が偏らないように意識する
  3. バックトラッキングを利用する

それぞれ確認しましょう。

テクニック1.ペーシングを意識しよう

女性に安心して会話をしてもらうために、ペーシングを意識して会話してください。

ペーシングとは、女性の会話の速度や声の大きさなどを真似して安心感を与える心理テクニックです。

2つのポイントを意識して会話しましょう。

  1. 女性が話す速度・リズムを合わせる
  2. 女性が話すテンションや抑揚を合わせる

詳しく見ていきましょう。

①女性が話す速度・リズムを合わせる

女性の話す速度に合わせて、あなたの話す速度も変化させましょう。

ゆっくり話す女性には、ゆっくり話すようにしてください。

また、会話のテンポも人によってそれぞれです。

テンポが速い女性には、あなたもテンポよく返していくことが重要になります。

女性のリズムに合わせることによって「息が合う」と思わせることが可能です。

②女性が話すテンションや抑揚を合わせる

女性が話すテンションや抑揚を合わせましょう。

楽しそうに話しているときは、楽しそうに聞く。

女性が強調したい事象やキーワードは、あなたも少しだけ強調して会話しましょう。

声の大きさを合わせるのも効果的です。

女性が話すテンションに合わせた会話をしましょう。

テクニック2.会話の比率が偏らないように意識する

会話の比率が偏らないように意識する

二人が喋る比率が偏らないように意識してください。

どちらか一方が喋り続けるのではなく、バランス良く会話を楽しんでいる状態のことを互恵性と言います。

この互恵性を保ちながら、二人の共通点を探っていきましょう。

共通点が多ければ多いほど、二人の仲が深まります。

会話の比率が偏らないように意識して、共通点を探しましょう。

テクニック3.バックトラッキングを利用する

バックトラッキングを利用する

デート中の会話では、バックトラッキングを活用してください。

バックトラッキングとは、相手が発した言葉を繰り返して会話をすすめていく心理テクニックです。

簡単に言うと「オウム返し」のことです。

具体的には、このように使います。

女:「夏休みは沖縄に行ったよ」

男:「沖縄か!いいなぁ!どうだった?」

女:「楽しかったよ!でも久しぶりの飛行機だから緊張しちゃった!」

男:「飛行機は緊張するよね~離着陸とか特にね!」

女性が一番伝えたい箇所をあなたも復唱して会話していきましょう。

あなたが繰り返し言うことによって、女性は自分の話が受け入れられた・理解されたと感じるはずです。

バックトラッキングを上手に利用して、女性に気持ちよく会話してもらいましょう。

4.デート中に好印象を残す会話の3つのコツ

デート中に好印象を残す会話のコツ

ここからは、デート中に好印象を残すためのコツを見ていきましょう。

デート中の会話を盛り上げるには、話のネタだけでなくあなたの振る舞いも重要になってきます。

好印象を残すコツは3つです。

  1. 相手が笑ったら自分も笑う
  2. 感情をはっきりと出す
  3. 例え話をする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コツ1.相手が笑ったら自分も笑う

相手が笑ったら自分も笑う

好感度を上げるために、女性が笑ってくれたときは一緒に笑うことを心がけてください。

一緒に笑い合う機会の多いペアほど、好感度や二人の距離が縮んでいることが判明しています。

女性が笑ったら、一緒に笑いましょう。

実は、二人で笑い合うことは話す内容よりも重要だという指摘もあります。

積極的に二人で笑い合うように心がけましょう。

コツ2.感情をはっきりと出す

感情をはっきりと出す

感情をはっきり出して、好感度を高めましょう。

表情豊かな人は、周囲からの印象が良いということが知られています。

なぜなら、あなたの感情が分かりやすいと、周りも共感しやすくなるからです。

親密度を上げるために、自分の感情を表情でも伝える努力をしましょう。

コツ3.例え話をする

例え話をする

積極的に例え話をすると、好印象を残すことができます。

例え話が上手な男性は、知的だと思われる傾向にあるのです。

あなたの専門分野で専門的な話になった時は、専門用語で話しつつも分かりやすく例え話をしてあげると良いでしょう。

知性を感じる男性に、女性は本能的に惹かれる人が多いです。

なぜなら、知性を感じる人は女性に安心感をもたらすから。

知識ひけらかすのではなく、相手の疑問に応じたわかりやすさを提供しましょう。

5.デートで注意したい3つのNG会話

デートで注意したい3つのNG会話

デートでNGな会話とは、仲が深まっていないのに突然パーソナルな会話をすることです。

地雷はどこにあるのかわからないので仲が深まっていないうちは、止めておきましょう。

注意したいNG会話は3つです。

  1. 家族の話
  2. 下ネタ
  3. 過去の恋バナ

それぞれ確認しましょう。

注意1.家族の話

家族の話

家族の話は、初めてのデートでは控えてください。

女性が家族間トラブルを抱えていた場合、気まずくなってしまう可能性があります。

なぜなら、一般的に家族のトラブルは深刻なものが多いからです。

トラブルを抱えていない女性は、自ら家族の話をしてきます。

あなたから家族のことを聞く必要はありません。

家族の話を振るのは、もう少し仲が深まってからにしましょう。

注意2.下ネタ

下ネタ

下ネタはデート中の会話に向いていません。

デート中に下ネタを繰り出すのは、控えるべきです。

恋愛対象の男性に下ネタを振られても、どうやって反応して良いか分からない女性は大勢います。

また、下ネタ自体苦手な人もいるので、下ネタは止めておきましょう。

注意3.過去の恋バナ

過去の恋バナ

女性が心を開いていない状態で、過去の恋バナを根掘り葉掘り聞くのは無神経な男扱いされていまいます。

気になる女性の男性遍歴は気になるところですが、聞くのは今ではありません。

過去の恋バナを聞くのは、お互い躊躇なく自己開示できるようになってからにしましょう。

初デートや、そこまで仲が深まっていない段階で聞くのはおすすめしません。

二人の心理的距離が縮まっていないのに、過去の恋バナを聞くのは控えましょう。

6.相手が楽しんでるか心理サインを見極める方法

相手が楽しんでるか心理サインを見極める方法

デート中は、女性がちゃんと楽しんでいるか気になりますよね。

脈あり・なしの2つのシチュエーションに分けて心理サインを確認しましょう。

  1. 楽しんでいて脈ありのとき
  2. 退屈で脈なしのとき

両方のサインを把握して、女性の様子をチェックしてください。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

見極め1.楽しんでいて脈ありのとき

楽しんでいて脈ありのとき

女性がデートを楽しんでいるときは、分かりやすいです。

その中でも特徴的な心理行動は3つです。

  1. 声を出して笑っている
  2. 目が合う回数が増える
  3. ボディタッチが増える

それぞれ確認しましょう。

①声を出して笑っている

人は、心の底から楽しいと自然な笑顔が出ます。

愛想笑いでなく、自然な笑顔が見られたら心を許しているのです。

自然な笑顔にプラスして声を出して笑っているのであれば、リラックスしてデートを楽しんでいる証拠になります。

②目が合う回数が増える

女性と目が合う回数が増えてきたら、脈ありです。

人は、興味があるものや好きなものには、ジッと見てしまう傾向があります。

お互いが惹かれているならば、目が合う時間も長くなっているでしょう。

目が合う回数が増えてきたら、二人の距離は確実に縮んでいるはずです。

③ボディタッチが増える

女性が心を開き始めたら、ボディタッチが増えます。

ボディタッチは相手との心理的距離を縮める効果があるので、無意識のうちにボディタッチが出てしまっているかもしれません。

また、あなたに意識をして欲しくてボディタッチしている場合もあるでしょう。

人は苦手な人にはボディタッチはしないので、ボディタッチが増えてきたら仲は深まっているでしょう。

見極め2.退屈で脈なしのとき

退屈で脈なしのとき

女性が脈なしだと思っていても、周囲には分かりづらいことが多いです。

なぜなら、女性は調和を大切にする生き物だからです。

しかし、ちょっとした仕草で判断することができます。

脈なしの心理行動は3つです。

  1. 腕組をしている
  2. 頬杖をついている
  3. 耳たぶを触る

それぞれ確認しましょう。

①腕組をしている

腕組をしている人は、自己防衛や相手に流されたくないと感じているときに多い仕草です。

会話の中で、無神経な発言がなかったか・パーソナルな会話に移行にするのが早すぎたか振り返ってみましょう。

女性が腕組をしていたら、話題を変えてあげましょう。

②頬杖をついている

頬杖をついているときは、退屈に感じているということです。

会話に飽きてきただけでなく、お店にも飽きてきた可能性があります。

思い切って場所を変えましょう。

③耳たぶを触る

耳たぶをさわることによって、女性は落ち着きを求めています。

会話中に触る理由がないのに耳たぶを触っていたら、今の会話を面白いと思っていない可能性があります。

退屈な気持ちを耳たぶを触ることによって、紛らわせているのです。

会話の内容を変えるか、場所を変えて心機一転させましょう。

7.会話が続かない!デート中に無言になったときの対処法

会話が続かない!デート中に無言になったときの対処法

事前準備をしていたのにも関わらず、「用意していたネタを話尽くしてしまった!会話が続かない!」という時が来るかもしれません。

しかし焦れば焦るほど、二人が盛り上がる会話のネタが出てこなくなるので気を付けてください。

無言になってしまった時は、焦らずに一度深呼吸してから対処しましょう。

会話が続かない状況を打破するための対処法は3つです。

  1. 場所を変更する
  2. 季節のイベントについて話す
  3. 目の前に見えているものを話題にする

無言状態になっても焦らないように確認しておきましょう。

対処法1.場所を変更する

場所を変更する

会話が続かなくなってきたときは、思い切って場所をかえましょう。

なぜなら、その場所ですべき会話はなくなったからです。

場所を変えると、気分も変わって新たな会話が生まれることが多々あります。

無理してその場にいる必要はありません。

場所をかえて、気分新たにお喋りを楽しみましょう。

対処法2.季節のイベントについて話す

二回目は少し遊んで食事季節のイベントについて話す

会話が続かなくなってきたときにおすすめの会話が、季節のイベントについて話すことです。

生活していれば、興味がなくても季節のイベントに接する機会は必ずあるので会話の糸口が見えてきます。

どのようなことでも構いません。

例えばこのようなことが会話のネタになります。

  • 春…花見・いちご狩り
  • 夏…祭り・海・夏休みの予定
  • 秋…紅葉・なし狩り
  • 冬…イルミネーション・子供のころのクリスマスの話

季節の話題は他にもたくさんあります。

あらかじめ季節のネタも用意しておきましょう。

対処法3.目の前に見えているものを話題にする

目の前に見えているものを話題にする

目の前に見えているものを話題にすると、無言状態を打破できます。

会話が続く自信のない人は、話題が豊富な街中だと安心してデートできるでしょう。

しかも人混みがそこそこある場所なら、無言でも不自然ではありません。

目の前に見えているものを話題にするのにおすすめなものは、このようになります。

  • 看板
  • お店の展示物
  • 飲食店のメニュー

多くのものが会話のネタになります。

焦らずに、目に入ったものの感想を言ってみましょう。

まとめ

デートを成功させるには、段階を踏んで会話の濃度を上げていくことが重要です。

ずっと雑談でも距離は縮まりませんし、いきなりパーソナルな会話は警戒心を抱かれます。

デートで会話を盛り上げるには、あらかじめ事前準備をしておくと良いでしょう。

会話の内容だけでなくあなたの振る舞いも重要なポイントです。

少しずつ距離を縮める会話をして、デートで好印象を残しましょう!